2019年3月14日

50代からの4スタンスの大事さ

 今日は、ホワイトデー 忘れずにお返ししましょう。


 さてゴルフシーズンです。お誘いも多くなるこの時期、寒くてなかなか

 練習にも行けず、となると二つ返事で出かけたいのだが、自信が無くて

 二の足を踏む方も見えるのではないでしょうか。


 世間では、飛び 飛びを前面に出した、飛びクラブ(使い方によっては)

 が賑わしています。


 道具に頼らなければ飛ばなくなった年齢になったのかな、楽して飛ばない

 のかなーと思うのは、私だけではないのでしょうか。


 年齢を重ねれば、どんな人でもパワーは落ちてきます。落ちたパワーを

 補って余りあるクラブなんてまずありえません。(高反発は・・・)


 パワーでクリヤーできる時には、何の不便も感じなかった方々が、ここに

 きて、このところ不調で、飛ばなくなったとか、イップスになってしまった

 とか、ダフリ、トップが多くゴルフにならないとか、相談でなく、愚痴を

 言いに来店されます。


 同年代のほかに人に比べれば、飛んでいたのにと いい時の記憶が忘れらな

 いと悩んで来店されます。


 ここにきて、パワーに頼ることができなくなってきて、悩まれる方が見受け

 られます。この様な状況は どんなスポーツにも見受けられると思います。


 聞くところによりますと、今度の東京オリンピックに選抜された選手たち

 には、其々の個性に対応すべくコーチが、其々配されていると聞きます。

    こんな時代になったんだなーと思う 今日この頃です。


 我々アマチュアにはなかなかできる事ではありません。しかしクラブ選択

 同様、自分のスイングパターン、および4スタンス理論の自分のタイプを

 知ることにより、自分に相応しいスイングで最大のパフォーマンスが発揮

 できることを知ることができます。今の自分のMAXが見えてきます。


 是非、自分のポジションがどこなのかを知ることにより、最大限に自分の

 パワーを生かすことができます。


         あなたならどうしますか? 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット