2019年4月8日

ショートゲイムの大事さを痛感

 プライベートコンペで、3人のラウンドでした。ハンデイはほぼ同じの3人

 W#1の飛距離は、平均230,210、180の3人でした。

 平均飛距離180YDの方が39、私が42、平均230YDの方が44

 同じテイーグランドからのプレーでした。


 この差は何でしょうか? パター数もさることながら、ショートゲイムが

 (100YD以内からの)素晴らしく上手でした。

 当然のことですが、飛ばない分ショートゲイムで稼ぐしかありません。

 年の功とゆうか、無理せずに手前からの攻め。大胆な攻め方をせずに、

 着実に 確実な攻めの結果でした。


 2打目が180〜200残るホールもあります。果敢に攻めるのでなく、

 自分自身の飛距離をよく把握していて、3打目で有利なところに運び

 あわよくば、パーで逃げる。こんなマネージメントも流石とゆうか、

 非常に参考になりました。


      日頃の練習の成果が、こんな時に現れますねー。


 知識だけ仕入れても、実行しなければ なんの意味もありません。

 インプットが3割、アウトプットが7割が黄金比率だと言われていますよ

 うに実行して初めて その価値が現れます。


 練習の成果は、現場で実行して初めて効果が発揮できます。

 せっかくです。見聞きして、参考になることは、自ら必ず実行しましょう。


 そうでなければ、宝の持ち腐れになり、無駄な時間になってしまいますし

 自分がアピール(自己表現)できませんので。
 

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット