2019年6月3日

スコアーメイクはやはりアイアンか

 長年に渡り行われている定例のコンペで、若い方と久しぶりに同伴しました


 前半は、6つのパーで41で回られました。レギュラーティからのプレー

 でしたが、その方は非常によく飛ぶので、2打目はほぼショートアイアン。

 ショートホールもアイアンでのショットで、正確性とパターの安定感があり

 前半だけでパーが6つ。(惜しいショットもありました)うなずける

 スコアーです。

 やはりとゆうか、方向性もさることながら、、アイアンの飛距離と正確性が

 スコアーメイクに大きく起因することが、改めて感じました。

    (その方のプレーを見ていて、安心感が感じられました)


 又同伴の女性も自らのベストグロスで、堂々の優勝でした。

    (45,45のグロス90)

 それも難しいホールで、バーデイを2つも取られ、花を添えました。

 ドライバーの安定感のある飛距離と、パターにおけるストロークによる

 スイングが大きく貢献したように思いました。

   (おめでとうございます。名実ともに優勝に値すると思います)


 いずれにせよ、アイアンの距離感と安定した方向性は、次のショットに

 大きく影響します。ピン近くに落とせれば、パター数にも好影響です。


 無論、W#1、FW,UTにも同じことが言えますが、スコアーに直結

 は、やはりとゆうか、アイアンの正確性と、パターだとゆうことを切に

 感じた一日でした。

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット