2019年6月28日

クラブフィッティングの考え方

 巷で実施されているクラブフィッティングは、お客様1人1人に合う

 クラブをお作りするシステムです。とゆうのは建て前です。本音は、いかに

 オリヂナルに展開をして、他店と差別化をして、販売しようとする手段の

 ように思います。


 メーカーからの試打クラブも、多く仕入れた店頭のみの展開です。

 まずは、売り上げ至上主義のメーカーによる、展開方法です。


 営利主義ですので、当たり前といえばそうかもしれません。しかし本当に

 使ってもらいたい方には、なかなか行き渡らず、利益優先とか、メーカーの

 協力の割合が大きいとか、売り子(販売店)が贔屓であるとかとゆう理由

 でモデルを決めていることが多く見られ、客の立場に立ったフィッティング

 ではなく、自分のところの都合で行っていることが多く見受けられます。


 基本、ヘッドとシャフトの種類が決まれば、後はメーカーやブランドの

 中から、相応しいアイテムを選んで、組み合わせるだけです。

 クラブは、人気や流行のアイテムに集中しますが、その中でも、実際に

 ゴルファーのスイングを見させていただいて、タイプを決定すべきです。


 宣伝や謳い文句にまどわされることなく、自分自身に合う理由を確認の上

 製作に入って欲しいものです。

 クラブは、ヘッドとシャフトとグリップです。自分のスイングパターンに

 合うモデルは、選ぶに難しくはありません。それよりも、硬さ、重さ、長さ

 といった物理的な条件をしっかりと決めて下さい。

      (ハードになる方が多いので、特に注意願います) 


(お店の為ではなく、お客様の個人の為に、クラブフィッングを実施したい


  ものですね。)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット