2019年3月8日

何よりも実体験 実打が一番

 長年クラブをお買い上げ願っている方が、久しぶりに来店されました。

 ここ半年ほど忙しく、プレーができていないとおっしゃって見えました。


 今までは、アスリート向きのスチールシャフト付きを使って見えました。

 ドライバーも60グラム台のSシャフト付きを使用中です。


 久しぶりのスイングで、カーボンシャフト付きのアイアンを振っていただ

 くと、弾き感があり、いい感じでした。

 110グラム台のスチールシャフト付きからすれば、コースに出ていない

 点も加味すれば、非常に軽く、優しい感じがされたと思います。


 実際に球筋を見たい、自分のクラブと飛びはどうかなど、目で確認したい

 とのことで、W#1を2本とアイアン2本をおもちになられました。(試打)


 年齢を重ねたこともあり、本人はいろいろと感じることがあるようでした。


 何よりも、実打での比較に勝るものはありません。道具ですので、慣れ

 は必ず必要ですが、自分自身がストレスなく振れる、商品をお勧めしたい

 ものです。


 くれぐれも、ハードスペックの商品だけは避けたい思いは変わりませんが。

 
ホームページ制作はオールインターネット