2017年6月29日

流行の3アイテムのヘッドを打って思うこと

永遠のテーマ 飛び をうたった、今様3タイプのクラブヘッドについて

思った事。

  キャロウエイ     GBB EPIC W#1

  テーラーメイド    NEW M2 W#1

  PRGR       17 RS W#1

 EPIC        重心が浅く、スイートエリアが狭い感じ

 M2          捉えやすく、扱いのしやすいモデル

 17RS        どこに当たっても、H/Sが遅くても飛びを実感

             できるモデル


ヘッド7割、シャフト3割の割合で、飛距離、球筋が決まるといわれています


総重量、長さ、硬さ、シャフトの種類など十分吟味して 自分自身のスイング

で無理なく、振れる仕様だと、もっともっとクラブの機能が発揮できます。

2017年6月7日

こんどのギリギリは、確かにヤバイ

RS2017の試打にお見えになりました。

  H/Sが47M/Sで MAX295YDが計測されました。
       (RED EYES POCKETによる)

完全ボデーターンの方です。パワーヒッターだけあって、左への不安がある

タイプのクラブでは嫌だといわれ、RS(M40)を試打して頂きました所

上記のようなDATAが計測されました。


クラブヘッドの見え方も、FよりもRSの方が好みで、かつシャフトも

やや中〜元も 異和感なく、恐怖心もなく振れるとのことで、このタイプ 

のMー43 に決まりました。


もう一人の方も、仕事疲れで振りきれないかもと言いながら試打。

先の方同様RSのM40を試打されました。軽めに振ってH/Sが38Mで

228YDの表示(RED EYES POCKET)にやや驚きの表情。


もう一本他のメーカーの試打と、打ち比べをしたところ、同様の数字が

見られましたが、結果として RSの40に決定しました。


この方は、やや手打ちだった打ち方から、ボデーターンの打ち方に変って

きていて、結果こちらを選ばれました。


今月の9日の発売が待たれます。メーカーからは、すでに欠品状態になって

いますとの連絡もあり、期待度の大きさもうかがえます。


いずれにしましても、易しめのヘッドで、自分のスイングパターンに合う

(より気持ちよく振れる)シャフトを選んでください。(硬いは、悪です)

 
ホームページ制作はオールインターネット