2019年3月27日

初打ち、練習ラウンド

 ナガシマカントリークラブへ、行ってきました。クラブを購入して頂いた

 方々と。お一人は、新製品の筆おろしを兼ねて。



 整備が整った、グリーンも非常に綺麗に仕上がっており、天候も晴天、風無

 し、気温20°、絶好のゴルフ日和でした。西から北へのルートでのプレー

 ウイークデーのゴルフは、久しぶりで、他のチームも年齢的にほぼ同じよう

 な組が多く見られました。


 同伴の3人に、なかなかエンジンがかからず苦戦の模様でした。フロント

 からで決して距離があるわけでもなく、乗らず、寄らず。グリーン上でも

 寄らず、入らずで苦戦の連続でした。私もグリーンでは4パット、3パット

 もあり大苦戦をしました。


 ドライバーがまあまあですしたので、それほど落ち込むことも無かった

 ですが、昔からよく言われる 上がってなんぼ が身に沁みました。


 ショートゲームの大事さ、グリーン上の読み、アプローチの寄せなど

 まだまだ駄目だなー感を より一層深めて帰ってまいりました。


 200YDも80センチも一打。スコアーメイクを考え直す必要もあるなー

 と思って帰路につきました。


 自分の意志通りに働くパターがあればなーとつくずく思いました。


      皆さんも同感だと思いますが、如何でしょうか。

2019年3月25日

全くの別物でした

 久々のゴルフで、興味のあるパターを使ってみました。


 いざ本番となると、感覚が、感性がまったく違い、戸惑ってしまいました。

       L字マレットから 全くのピンタイプに。

 形状からくる違和感は それほど感じなかったのですが、フェースの素材の

 違いがこれほど違うものかと、ビックリしました。


 パター数は何とかいつもぐらいに納めましたが、恐る恐るのパターで、

 4パットもあ、意気消沈でした。


 プロがパターを変えて・・・・・・・。とゆう記事を見ることがありますが

 あれだけ練習できるプロであればと、思います。


 慣れていないせいか、自分の感性が、今まで使用していたパターとの違いを

 敏感に感じ、性格も、フェース面の打感も違うと、これほどまでに違和感を

 感じるものかと。


 感性に訴えるスポーツのゴルフ。これほどまでに違うものかとは、思い

 ませんでした。


 新ためて、クラブを変えるときの大事さを、痛感しました。


 季節柄、今の時期、グリーンが非常にデリケイトで難しい時期ですねとは、

 所属プロの言でした。    よけい身につまされました

2019年3月23日

まだパワーがあるつもり

 長年お付き合いしているゴルファーが来店されました。

 現在は、第一線を退かれ、今は悠々自適の生活。年齢は私と同い年。

 中肉中背で、建築関係の仕事をされていた為、体は丈夫そうです。


 しかし年齢は年齢です。以前と同じスイングをされているつもりでも

 足腰の強さ、H/Sの速度、体の粘りなどは明らかに下降気味です。

 しかし、気持ちのほうわとゆうと、全盛期のまま。(?)

 認めたくない気持ちも理解できますが、体は正直です。パワーでクリヤー

 できた時代は終わり、今は自分自身との闘いです。


 クラブの使い方や、仕様の面も含め、いろいろと談義もしましたが、ここ

 にきてやっととゆうか、、ハードスペックのクラブ仕様が理解されたよう

 です。


 今でも、試打をしながら、ハードな仕様でも打てるなーとか、硬い方が

 方向性がいいなーとか、重い方が上げて降ろすだけで飛ぶイメージがとか

 感想を述べられます。

 試打室で、環境も、背景も現場と全く違うことを忘れて、好き勝手に

 打ち放題、しゃべりたい放題。

 しかし、会話の中に、少しずつ具申が、功を奏していることがわかる会話

 も感じられることがあります。(20年経ってやっと・・・・)


      ( 打つ道具でなく、運ぶ道具であること )


 出来たら次は、一番難しい、自分自身のことを理解して頂きたいと、思った

 一日でした。

 

2019年3月19日

いよいよ PING G410シリーズが発売されます

 3月21日 (春分の日)(木)よりG410シリーズが発売されます。

 W#1、FW、UT、IRON(W#1の9°は3月30日発売)が発売

 されます。すでに女子トーナメントにて このアイテムを使用したプロの

 優勝者もあり、認知度は高まっているようです。


 キャロウエイ、テーラーメイドに割って入るアイテムだと思われます。


 いずれのメーカーも新商品については、従来品に比べ、優しさを持たせて

 います。

 あくまでも、力任せに飛ばすタイプでなく、機能面でも、物性値においても

 前作より有利になっています。このことを理解してお使い下さい。


 好みもあると思いますが、自分自身のスイングタイプ、および4スタンス

 理論における、相応しいポジションにより、最大限にクラブの機能を

 発揮し、自分自身のパフォーマンスも最大にして、お使い下さい。


 宝の持ち腐れにならぬよう、気持ちよく使用し、使用しやすいアイテムを

 お買求め下さい。


 クラブの性格を知り、自分のスイングパターンを知り、どのポジション

 が相応しいかを知れば、どんな種類がいいのかが、分かるはずです。


       慣れは、どんなクラブでも必要ですが。



 

2019年3月14日

50代からの4スタンスの大事さ

 今日は、ホワイトデー 忘れずにお返ししましょう。


 さてゴルフシーズンです。お誘いも多くなるこの時期、寒くてなかなか

 練習にも行けず、となると二つ返事で出かけたいのだが、自信が無くて

 二の足を踏む方も見えるのではないでしょうか。


 世間では、飛び 飛びを前面に出した、飛びクラブ(使い方によっては)

 が賑わしています。


 道具に頼らなければ飛ばなくなった年齢になったのかな、楽して飛ばない

 のかなーと思うのは、私だけではないのでしょうか。


 年齢を重ねれば、どんな人でもパワーは落ちてきます。落ちたパワーを

 補って余りあるクラブなんてまずありえません。(高反発は・・・)


 パワーでクリヤーできる時には、何の不便も感じなかった方々が、ここに

 きて、このところ不調で、飛ばなくなったとか、イップスになってしまった

 とか、ダフリ、トップが多くゴルフにならないとか、相談でなく、愚痴を

 言いに来店されます。


 同年代のほかに人に比べれば、飛んでいたのにと いい時の記憶が忘れらな

 いと悩んで来店されます。


 ここにきて、パワーに頼ることができなくなってきて、悩まれる方が見受け

 られます。この様な状況は どんなスポーツにも見受けられると思います。


 聞くところによりますと、今度の東京オリンピックに選抜された選手たち

 には、其々の個性に対応すべくコーチが、其々配されていると聞きます。

    こんな時代になったんだなーと思う 今日この頃です。


 我々アマチュアにはなかなかできる事ではありません。しかしクラブ選択

 同様、自分のスイングパターン、および4スタンス理論の自分のタイプを

 知ることにより、自分に相応しいスイングで最大のパフォーマンスが発揮

 できることを知ることができます。今の自分のMAXが見えてきます。


 是非、自分のポジションがどこなのかを知ることにより、最大限に自分の

 パワーを生かすことができます。


         あなたならどうしますか? 

ホームページ制作はオールインターネット