2019年12月14日

ゴルフは名言で上手くなる シリーズ2

 悪いグリップから、いいスイングは生まれない。(ハーヴィー・ペニック)


          グリップで守るべき3つの基本


 1、親指と人差し指の付け根で形作られるV字が指すのは、顎から右肩

   の範囲とする。

 2、両手共、親指と人差し指の付け根の間に、大きな隙間を開けては

   ならない。

 3、親指と人差し指の付け根で形つくられるV字が指す方向は、両手共、

   同じにする。


         握る力の掛具合


   左手の小指:10 薬指:9 中指:8 人差し指:7 親指:6

   右手の小指:5 薬指:4 中指:3 最後の右手人差し指と親指は

                ほどけない程度の僅かな力しかかけない。


 ゴルフにおいて、グリップが決まれば、8割がたスイングが完成したと

 いわれています。唯一クラブとプレーヤーが接する大事なポイントです。

 蔑ろにせずに充分注意して、取り扱ってください。

2019年12月13日

ゴルフは名言で上手くなる シリーズ1

 
 グリップは手だけのものではない。
 

 両足の(グリップ・オブ・ザグランド)は、手のグリップに勝るとも

 劣らない。 (ウオルター・へーゲン)


   右足のかかとを地面から離さない。意識するのはこれだけ。


 ベタ足インパクトは、本来矛盾するはずの、飛んで曲らないを実現できる、
 
 最もシンプルなスイングの要点です。


     ベタ足インパクトの効果


 1、右膝が出て、カット軌道になることを防げる。

 2、右の腰が左へ回転するのを抑制し、インパクトで体が開きすぎがなく

   なる。

 3、胸の正面でインパクトができやすく、厚いインパクトになる。

 4、体の開かないインパクトは、チーピンの防止にもなる。

 5、右足のかかとを浮かせないことは、インパクト時に左サイドへ

   ストッパーをかけることになり、ツイスト効果が得られ、ヘッドが走り

   飛距離アップにつながる。

 6、体重移動が大きくならないので、左側へ上体が突っ込むことが抑制され

   ヘッド・ビハインド・ザ・ボールが保持される。

 7、よりアドレスに近い形でインパクトができる。

 8、左右の動きが少なくなり、アドレスのスイング軸が一定に保たれたまま

   振れる。


 これらの結果として、再現性が高まり、芯に当たる確率も上がって、

 ショットが安定する。この様にいいことずくめです。


 想像だけでなく、自らが実践し、体感することが一番大事なことです。

 最初は失敗するかもしれませんが、まず実施することです。

   DO IT YOUR SELFU。

2019年12月9日

備えあれば憂いなし

 このところ急に寒くなってきました。秋から一足飛びで真冬の寒さです。

 冬至も近く、日照時間も一年で一番短い時期に入っています。


 ゴルフにおいても、午後3時を過ぎますと、急に冷たくなってきます。


 例年の秋のような感覚でいますと、急に震え上がるような寒さに襲われます


 以前にもこの項目でお伝えしましたが、ゴルフとゆうスポーツは、自然を

 相手にして、一日の内、4〜5時間の間戦うことが要求されます。さすれば

 朝と夕方では、全く異なった気象条件が現れることが、充分に考えられます

 そんなときの為にも、この時期、防寒対策には万全を期して頂きたいと

 思います。


 暑い時は衣服を脱げばよいのですが、寒くなったときは耐えられません。


 温度変化が10°以上になるこの時期、そっと防寒用具を忍ばせておいて

 下さい。誰に遠慮することなく、暖かくしてプレーしてください。


   その為にも、いざとゆう時の為にも、防寒対策品をお忘れなく。

2019年12月5日

いよいよ12月がスタート

  
 LPGAの試合もすべてが終わり、大接戦の末賞金女王が決まりました。

 追い上げた注目のプロも、頑張りました。


 1位、2位の選手がいずれも、同じメーカーのクラブを使用する選手でした

 そのせいか、いまだに、そのメーカーのクラブの注文が入ってまいります。


 :死せる孔明 生ける仲達を走らす:とまではいかないまでも、その影響力

 がいまだに見られます。


 私が常ずね、ブランドや名前、又贔屓のプロが使っているからと言って、鵜

 呑みにしてはいけませんと申し上げていますが、このクラブは私どもに

 とっても、易しさが際立ち、万人が使える、扱いやすいクラブだと思います


 男性にとってみれば、女性が使って飛ばしているのなら、体力的に勝って

 いる自分でも打てるだろうと思うのは、当然の事かもしれません。

 現に、他の注目度の高いクラブと打ち比べて見ても、遜色なく、飛距離も

 得られると思います。


 中でも何よりは、アマチュアにとって、非常に易しいのが一番の特徴かと

 思われます。


 この時期 寒さのせいで、体の動きも鈍くなり、ゴムのボールも飛びにくく

 なります。しかし寛容性と、爽快な音がもたらすきもちの良さは、他では

 味わえない逸品ではないでしょうか。


 人気プロの貢献もあり、もう少しの間走り続けるのではないかと思われます

2019年11月29日

もうすぐ師走

 本年締めの大相撲も終わり、いよいよ師走です。


 35°、37°といった大暑がつい昨日のように思われますが、気が付けば

 今年もあと1か月を残すのみです。


 初雪の便りや、干支造りの便りが聞かれる今日このごろです。

 何か本年は、秋 が無かったかのような歳ではなかったでしょうか。

 熱い時期から、いきなり雪の降るような季節を迎え、ゴルフにとっても、

 スポーツにとっても、一番いいと言われる時期がほとんど無かったような

 気がしますが、皆さんはどう思われますか。


 10月に消費税が2%上がりました。政府がすぐに還元対策を施し何とか

 景気の下げを少しでも食い止めようとしました。


 我がゴルフ業界も同様に、ゴルフ離れを食い止めようと、いろいろと策を

 めぐらせ努力していますが、構造的な変化がない限り、なかなか下げ止まり

 を食い止めることは難しそうです。


 抜本的な改革が無い限り、どの業種も同じような傾向ではないでしょうか。


 来年の事を言ゆと、鬼が笑うと言われますが、この業界でも2025問題

 も間近です。 (団塊の世代が、ゴルフをやめる時期に当たります)

 とわ言え、人生100年時代を迎えています。もっともっと長くゴルフを

 楽しんでもらいたいとも思います。


 この業界も再編成を余儀なくさせられている不透明な中とわ言え、楽しん

 でいる方も多く見受けられます。


 1人でも2人でもより多くの方々に 永くゴルフを楽しんでいただけるよう

 に、お手伝いができればと思っております。


 その為にも、敵とゆうクラブと、自分自身のスイングパターンを知り、楽に

 ゴルフができる環境を知らしめたいと思います。


 微力ではありますが、皆々様の手助けが 少しでもできればと 思っており

 ます

 

 

ホームページ制作はオールインターネット