2018年6月16日

スコアーメイクはやはりパターでした

全米オープン選手権の予選を観戦していて、つくずくパターの大事さが、

 理解されます。唯一アンダーパーのD ジョンソン。2位以下はイーブン

 からオーバーパーです。

 勝負の基準はあくまでも、グロス勝負です。三連続バーデイで立ち直り、

 息を吹き返すかと思いきや、打ち切れずにショートパットを外し予選落ち。

 
 常ずね申し上げていますが、ファーストパットはカップを超えましょうと。

 ピンポジションが今回のような、厳しいところに切ってあると言え、何と

 ショートするプレーヤーが多いこと。国内の試合においても、ショート

 して残念がるプロが散見されますが、こんなことは、賞金のかかる、生活

 のかかるプロの世界においては、ありえないことだと思います。


 距離合わせ とゆう言葉はプロの世界には、ありえないことだと思います。


 やるべきこと(カップを越す距離感)が最低必要条件だと思い知らされ

 ました。オーバーしての返しが入らなかった映像は殆ど見ていません。

 
 我々アマチュアであれば、ピンポジションはそれほど困難な場所に切られる

 ことは、ありませんし、スティンプメーターや、コンパクションの数字も

 プロの試合程、大きくはありません。


 常日頃から、後悔しない為にも、ファーストパットは、カップを越しま

 しょう。(私も必ず実施したいと思います。皆様もお忘れなく)

2018年6月15日

ゴルフはメンタルスポーツです

昔からゴルフは、メンタルスポーツだとよく言われます。

 1番ホールから最終の18番まで、平常心でプレーし続けることは、なかな

 かできません。

 天候、同伴競技者との駆け引き、現場の状況など何一つとして同じものは

 ありませんので。

 心理的葛藤(自分自身に対し、対戦相手に対し)もあります。

     このことが一番大きいのではないでしょうか。

 冷静に自分を見つめ、現状に適切に対処できる方は、お釈迦様ぐらいでは

 ないでしょうか。

 一般的に、チョコレートが懸かったり、勝負が伴うと、平常心では行動
 
 しずらくなります。飛びも、スコアーも負けたくないのが人の常です。

 このような環境の中でのスポーツのゴルフ。他のスポーツと大きく違う点は

 総てが個人の責任である事ではないでしょうか。


 人間ですもの、喜怒哀楽もあり、環境による変化も感じながらのプレー

 には、よほどの信念がないと冷静に立ち迎うことはできません。


 調子のいい時もあり、悪い時もあります。この悪い時期をどう乗り切るか

 も非常に大事な要因です。


 暖簾に腕押し、柳に風 のような感覚をお持ちの方が、羨ましくおもえる

 今日この頃です。

2018年6月14日

ミスの原因は、その前に必ず原因があります

アプローチでのミス(ダフリ)が多く出ますと、来店されました。

 ミスショットの原因は、必ずその前にあり。当たり前ですが、本人にとって

 は、その原因に気ずいていなくて、分かりません。


 フェースが開いてクラブが降りてくれば、物理通りに右にスライスしてゆき

 ます。しかし本人は目的の方向に球を打ち出したいので、右手で捏ねて、

 目的の方向に打ちだそうと、本能でやります。


    しかしクラブは本人の思い通りには なかなか動きません。


 早かったり、(左への打ち出し) 遅かったり(右への打ち出し)します

 のでなかなか定まりません。更に距離によっては、大きく振ったり、小さく

 振ったりすることが要求されます。このさじ加減も手伝い、アプローチは

 非常に難しいショットです。


 このように微妙なショットの時に、いろいろなことを考えながらしても

 なかなか上手くはゆきません。

 クラブの構造(特性)を知り、できる限りシンプルなスイングを心掛ける

 ことが一番大事になってきます。

 
 フェースを開かず、飛ばしたい方向の真反対にクラブを引き、お重いヘッド

 を強制的に下すのでなく、グリップを先に下し、自然に遅れてヘッドが

 下りるぐらいの ゆったりとしたスイングを心掛けて下さい。


 WEDGE のヘッドは他のクラブに比べ、一番重くできています。

 小さな力でも、重さがボールを充分に、飛ばしてくれます。

 打って飛ばすのでなく、フェースに乗せて、優しく運ぶよう心掛けましょう

 
     他のクラブもパターも同じです。運びましょう。

2018年6月13日

ギリギリ全開 PRGR 新RS 誕生 7月13日より

1、新Wクラウン設計により、高初速エリアが拡大

 2、新ナブラフェース設計により、高CTエリアの拡大を進めた

 3、ギリギリの反発性能を維持する為、量産品も全数検査を実施

 4、Wモーメント設計で、左右、上下のバラツキにも対応のヘッド構造に

 5、新高速エリアが160%に拡大

 等々の改良が加わり、強い、広い新高初速RSで、もっと飛ばします。

 
 新RS ドライバー

     深い重心でドローの打ち易い新RS
     トウ・ヒールの慣性モーメントの大きい設計で、左右の打点のずれ
     にも、初速が落ちにくい
     上げやすい印象を与える、ややシャローなヘッドデザイン

 新RS−F ドライバー

     深すぎない重心設計 フェードの打ち易い新RS−F
     CFRP(カーボン)クラウンの採用と、フェースバックの慣性
     モーメントを大きく設計して、上下の打点のバラツキにも、初速
     性能が落ちにくい
     左への不安をなくしつつ、易しさをも感じるヘッド

 W#1ドライバーのシャフトは、DIAMANA FOR PRGRで

 中調子で硬さにより、重量とトルクが変えてあります。

   W#1  @80000円 重量      トルク

    S: (M43)    54グラム    4,7
    SR:(M40)    49グラム    5,4
    R: (M37)    44グラム    5,7

   FW  W#3(15°) W#5(18°) W#7(21°)
       
        @40000円

   UT  3UT(19°) 4UT(22°) 5UT(25°)

       CB @35000円
       ST @32000円

  RS アイアン #5〜PW  I#7(29°) PW(43°)

     マレージング鋼  DIAMANA付き    @22000円
              スペックスチール付き   @19000円
              ダイナミックゴールド付き @19000円

  RS FG アイアン #4〜PW I#7(30°) PW(44°)

     NIモリブデン鋼 スペックスチール付き   @19000円
              ダイナミックゴールド付き @19000円

  RS WQEDGE  48° 50° 52° 56° 58°

     軟鉄 SC−20 DIAMANA付き    @22000円
              スペックスチール付き   @19000円
              ダイナミックゴールド付き @19000円

  尚試打クラブが6月15日(金)の入荷予定となっております。


 アイアンにつきましては、プラスワンキャンペーンを実施しております。
 
 対象商品を5本組以上購入のお客様に、WEDGEを1本プレゼント。


 前評判が非常に宜しく、数量が不足とのことです。早めにご注文の程

 お待ち致しております。

2018年6月9日

GPS GOLF NAVI 大流行

値打ちにゴルフプレーを楽しみたい方々が多くなり、セルフプレーが多く

 なりました。そこでこのGPS GOLF NAVIが大流行です。


 昨今はキャディーさんの、成りてが少なくなり、プレー費用もかさむこと

 から、セルフプレーのコースが多くなってきました。

 月例杯や、クラブコンペにおいても、セルフにて展開されるコースが多く

 なってきました。


 物理的な数値の確認はルール上、問題が無く、又セルフプレーの時や、

 初めてのコースでのプレーには、非常に便利で、助かる商品です。

 無論ローカルルールにて、使用が是か非かの確認は、必ず必要です。

 (ご注意願います)


 ゴルフルールの1年前倒し改正のなかにも、プレー時間の短縮、スムーズ化

 がうたわれていますが、このことにも貢献できると思われます。

 
 方向や高低差までも表示する機能を持った機種も、続々と新発売されて

 います。(コースにおける使用は、必ず当コースにて確認願います)

 
 様々な機種が発売されていますが、自分のニーズに相応しい機能を持った

 機種選択が必要になってきます。


 表示通りの距離が打てる、打てないは別として、温度や湿度、晴雨、風など

 の環境の変化により、現場における距離は、時事刻々と変化します。

 この数字はあくまでも、鵜呑みするのでなく、目安としてとらえた方がいい

 のではないかとも思われます。

 
 いずれにしましても、今後はさらにセルフプレーのコースが多くなって

 来ることが予想されます。


 国内の100パーセントに近いコースを網羅している機種がほとんどですが

 自分が使いやすく、必要な機能、情報を持っている機種をおえらび下さい。

 
 クラブ同様、多機能でも使いきれていない方々をよく見かけます。

 これもにも、SIMPLE IS BEST が当てはまる感じがします。


         皆様はどう思われますか?

ホームページ制作はオールインターネット