2021年9月17日

先端補強のシャフトの妙

 ゴルファーはやはりとゆうか、人より飛ばしたい気持ちは誰しも持ち合わせ

 ています。ドライバーにしろ、フェアウエイにしろ、アイアンにしろ同じ

 ことのように思われます。


 飛び にある程度満足度ができると、今度は方向性とスピン量に対する

 要望が大きくなってきます。


 プロのように 毎日毎日こまめに練習ができるわけでもないので、アマ

 チュアにはそうはゆきませんが。


 この方向性は、スコアーを考える上では、欠かせない要素となってきます。

 スピン量はあくまでも、ヘッドスピードと、ボールに対する入射角で決まり

 ますので、アマチュアレベルでは、プロのような回転数はなかなか望め

 ません。しかし、方向性については、シャフトの種類により、ある程度

 コントロールは可能だと思われます。


 特に地面から打つクラブについては余計に、重要だと思われます。


 あの松山プロが 10年以上前ののシャフトの T O U R  A D の D I

 シャフトをいまだに F W に使用していることを目の当たりにして

 見ても理解できると思います。


 飛距離については、プロはH/Sを増すことによりなせるのですが、

 方向性については、やはりシャフトの影響が大きく出ます。


 フェアウエイから270〜280YDを飛ばし、方向性良く目的地に

 運ぼうとすると、至難の業のように思われます。

 しかし、PGAの試合おいては、これを克服しなければ、優勝は望め

 ません。


 あらためて シャフトを見直してみると、TOUR ADのシャフトは

 先調子がほとんどです。(先調子がTOUR ADの特徴ですが)

 しかし、このDIシャフトだけは、他と違い、先端が補強されています。

 そのため、方向性に優れ、いまだにプロが 一番信頼できるシャフトと

 して使い続けています。

 (逆に言えば、このシャフトに勝るシャフトが、以降に開発されていない

  証でもありますが)


 私自身も、クラブフィッティングにおけるポイントとして、FW,IRON

 のシャフトの先端補強については、すごく注意して提案しております。


 同時に、重さ、硬さについても、近未来を想像しながら行っているのが

 実際です。


 ただ単に飛ぶだけでなく、方向性良く、よく飛ぶクラブを今後とも皆様方

 に提案し続けてゆくつもりです。


 皆々様が、楽しんでゴルフが末永く、続けてゆけるようにお祈り申し上げ

 筆をおきます。

2021年9月13日

歩いてのゴルフ

 久しくやっていなかった 歩いてのゴルフをしました。


 第一印象が、疲れたなーでした。習いたての頃は歩きが当たり前でしたが、

 最近は乗用カートによるプレーが当たり前で、歩きのゴルフは非常に珍しく

 なってきています。

 アマチュア競技においては、カートの利用がほとんど認められています。


 プロの試合では確かに歩いての形式です。3日から4日間のトーナメント

 では季節や、天候に左右されながらであり、決勝トーナメントになれば、

 緊張感も増し、疲れも出てくると思われます。


 改めて ここにきて歩きのゴルフを経験してみますと、その体力的なえらさ

 を感じました。


 やはりとゆうか、プロにとっては、技術やテクニックばかりでなく、体力

 的にも非常に厳しいこと、大変さを垣間見た感じです。


 ハーフ2時間ペースでプレーしていても、後続の組からプレーが遅いとの

 声がかかり、慣れていない自分にとっては、少々お疲れモードでした。


 季節的にも、ゴルフにとってはいい季節になり、コロナ禍とゆうことも

 手伝ってか より多くの方々が楽しむためにも、スピーディなゴルフは

 いいことだと思います。カートか歩きかは別として、皆様も心がけて

 ください。

2021年9月11日

楽しみ半分、不安が半分

 メンバーになり 初めてMカントリークラブへ行きます。


 15年ほど前には、何度かプレーをしたことがあり、コースの概要は ほぼ

 今でも覚えています。しかし10年ひと昔のことば通りに 私の記憶の中の

 コースとはかなり様変わりをしていると聞いています。


 クラシック開催コースでもあり、毎年のようにコースが改造されています。

 記憶の中のコースとの違いを自分の目で確かめてこようと思っています。


 自分自身も歳を重ね、以前のような飛距離も期待できませんので、改めて、

 変化したコースを自分で体験してこようと思っています。


 名物ホールもこの身で体験し、打ちのめされて来ようと思っています。


 でもまずは、メンバーとの会話が楽しめるような雰囲気つくりに努めて

 来ようかなーとも思っています。


 知り合いの方の少ない環境では、楽しみも期待できません。まずは、友達

 つくりを第一に心がけ、訪問しようかなと思う今日です。

2021年9月1日

いよいよ9月の始まりです。

 雨続きのお盆もやっと終わり、いよいよゴルフシーズンインの9月になり

 ました。


 しかしまだまだ日中は暑い日が続きますが、さすがに朝夕はめっきり過ごし

 やすくなってきました。気が付くと草むらの虫の声も、セミの声から,秋の

 虫の声に変わってきています。


 人間も同じで、季節の変化に伴い、感覚面でも変化が見られます。ただし

 今年度は、コロナ禍とゆうこともあり、例年とは一味も二味も違った

 シーズンを迎えようとしています。


 コロナによる緊急事態宣言下で、ワクチンの接種も若い方々の間にも、早い

 施行が望まれています。


 密にならないスポーツのゴルフは、多くの方々に認められています。

 プレー費用も5〜10年前に比べ、かなりお値打ちになり、若い方々に

 とっても負担が少なくなり、業界の活性化においても、非常にうれしい

 ことです。


 これを一過性のブームを終わらせるのでなく、継続していくためにも、

 健全な紳士、淑女のスポーツとゆうことを、念頭に入れ、老若男女が

 こぞって楽しむことができるように、環境つくりに、勤しみたいと思い

 ます。


 特別な人のみが、楽しみを享受するのではなく、全員が楽しめる雰囲気

 つくりをしてゆきたいと思います。


       私も、微力ながら努めたいと思います。

2021年8月28日

9月1日は防災の日

 異常気象の発生が多くなった昨今、改めて9月1日の防災の日に思うことが

 あります。


 この日は、一説によりますと、大正時代の関東大震災を記念して防災の日

 としたと記されています。


 このところ、地球温暖化がさけばれ、様々な気象現象が発生しています。

 海水温の上昇により、台風の大型化、強大化が心配されています。また

 シベリヤの永久凍土の解凍、局地地方の急速な氷河の減少などがみられ、

 海水面の上昇により、島の消滅や、海岸線の後退など、深刻な問題が現実に

 見られるようになって、世界的に解決すべき緊急課題になってきています。


 一国二国で解決できるような問題ではなく、全世界的な観点から取り組ま

 なければならない問題になってきています。


 しかし現実問題として、我々が出来ることは、プラスチックゴミを出さな

 いとか、食料の廃棄を少なくするとかぐらいでしかできません。


 日常生活においても、人に迷惑をかけずに、安心、安全に生活ができる

 ことが望まれます。


 一人だけの都合による、我儘な行動を律し、より多くの人の為の行動に

 徹することが、望まれます。


 そこで、弊社では、防災の日の9月1日に、エレベーターの模擬訓練を

 計画をいたしました。


 日時 9月1日 13:00〜14:00 1Fエレベーターホールにて


  エレベーターの非常事態を想定した訓練及び説明会を実施致します。


  習うより慣れろ で実地訓練も行う予定です。奮って参加願います。

ホームページ制作はオールインターネット