2019年12月23日

ゴルフは名言でうまくなる シリーズ8

 
 一度に多くのことを、総て完璧にやりとげようとしない。

                          (ベン・ホーガン)

 ゴルフにおける体の基礎的な動きとは。

 腕以外の体の動きは、前傾姿勢を保ちながら 背骨の軸を一定に保ち、

 左右に捻転させるだけだ。残った腕の動きは、アドレスの位置から右肩の

 上へ振り上げ、アドレスの位置へ振り下ろし、左肩の上まで振り上げる、

 これだけである。


 プレー中に一つのことを考えるならOKだ。しかし二つのことを考えると

 プレーは悪くなり、三つ考えるとひどくなる。

 一度に多くを考えるのは賢明ではない。それをやり遂げるのは不可能で、

 無駄な努力だ。


 僅か数秒のショットの時間内で、何ができるでしょうか。筋肉もこの

 わずかな時間では、脳が判断して 指示をして 作動させるようなことは、

 できないと思われます。


 その為 様々なスポーツにも言える事だと思いますが、無意識のうちに

 体が反応することが必要だと思われます。

 (昔から言われていますが、習うより慣れろ ではないでしようか)

 

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット