2020年12月13日

実践付き説明で納得の決定か。

 パターの大事さは以前より 何度も何度も申し上げていました。

 長いゴルフ歴をお持ちの方でも、パターを自分の好みで決めている方、なん

 となく勧められるままに使っている方、流行にのっとって決めている方 

 等々、パター選びも人其々の決め方をされて、使われています。


 パターの大事さもうすうす感じてはいるものの、一番地味なクラブですので

 それほど熱を入れて練習をするでもなく、スタート前に、ちょこちょこと

 転がす程度の方が、ほとんどではないでしょうか。


 以前から申し上げていますが、パターはストロークの4割を占めています。

 ドライバーよりも、アイアンよりも、ウェッジよりも他のどのクラブより

 多くの回数を費やします。


 PATTO IS MONEY の言葉を聞かれたことがあると思います

 が、確かに、パットが賞や順位を決めるといっても過言ではないと思います


 トーナメントなどにおいてはこのことが、顕著に顕れています。パター以外

 のショット数はどのプロも、ほとんど差は無いようです。差がつくのは、

 パターの数でしょう。


 アマチュアにとっても、その割合はもう少し低くなると思いますが、それに

 しても、パターのウェイトは非常に大きいものです。


 今日も2人お見えになり、パター選びをしてもらいました。


 方向性と距離感を其々分解して、説明をし、実際に実打して頂きながら

 進めてゆくと、果たして、納得の様子でした。


 ボールとの相性の大事さも加え、ボールの性能の似たものを使い続ける

 ようにアドバイスをして、終えることができました。


 又、自分のアドレスの方向が、自分の思っている方向といかに違っている

 かも、現場で直に見てもらいますと、目から鱗で、認識をあらたにされて

 いたことが、非常に印象的でした。

 

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット