2021年2月8日

やればまだできるを実感しました。

 一年ぶりくらいに、バックティからプレーしました。


 プライベートコンペでの出来事です。各ホール、レギュラーとバックでは、

 約15YD(ホールによっては、20〜30YDの違い)ぐらいしか違いは

 ありません。しかし2打目の景色が違うことを 改めて確認できました。


 距離の短いティからやればやるほど、短い距離のゴルフになり、下手になる

 ますよとよく聞きますが 確かにその通りでした。


 スコアーばかりを気にして、あえて後ろからやろうとしなかった ツケ 

 見たいなものですかねー。

 しかし今回は、リスクのないコンペで、またこの季節で、天候も日中は暖か

 ささえ感じ、風もなく、この時期にしては、絶好の日和でした。

 また、きのおけない仲間とのプレーとゆうこともあり、、一念発起して

 挑んでみました。


 スプーンやクリークで打っていたホールをドライバーに持ち替えて、

 打ってゆくと、2打目の残り距離は、それほど感じないホールもあり、

 ちょっと自信にもなりました。


 17番、18番で急に雨が降りだし、おまけに風も強くなり、難儀しました

 が、何とか無事18ホール終えることができました。


 これからゴルフにとっていい時期に向かっていく中、競技志向ではなく、

 距離を楽しみたいと思った、一日でした。


 3回に1回はこのティから、楽しむゴルフをしようと、心に決め、帰って

 まいりました。


   皆様もハンディ維持のためにも、是非実行してみてください

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット