2021年4月27日

紫外線対策

 
 気が付いてみれば、今年もすでに1/3が過ぎようとしています。

 ゴールデンウイークを前にしてみて、いつの間にかとゆう感じです。


 連休中は天候があまり芳しくない予報ですが、コロナ禍とゆうこともあり、

 より慎重にお過ごしください。


 ゴルフにはいい季節ではありますが、日差しも強くなり、紫外線もかなり

 なものです。天気が曇天ですと、実感ではあまり感じませんが、紫外線は

 相当浴びることになります。


      紫外線の浴びすぎを防ぐ6つの基本的な紫外線対策

  1,紫外線の強い時間帯は外出をさける。(正午前後がピーク)
  2,日焼け止めを毎日塗る
  3,日陰を利用する。
  4,日傘をさす。帽子をかぶる
  5,衣服やストールなどで覆う
  6,サングラスをかける。

 このようなことに注意しても、紫外線は、直射光ばかりでなく、散乱光や

 反射光も浴びることになり、3方向から紫外線を浴びることになります。


 晴れた日の日中は直射光の1,5倍の散乱光が地表に達します。


 反射光は土や草地では、直射光の10%以下、アスファアルトで約10%

 水面で10−20%、砂地で10〜25%、新雪では80%、にもなります

 日傘や帽子だけでは、散乱光や反射光を防げません。


 サングラス、UVカットの洋服やスカーフ、手袋、日焼け止めなどが有効

 です。この時期ぜひ紫外線対策を怠ることなく実施してゴルフを楽しんで

 ください。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット