2022年6月25日

ボールメーカーにボールなし

 国内仕様のゴルフメーカーに ボール在庫がありません。


 原材料がないのか、生産が間に合ってないのか、生産調整がうまくいって

 ないのかはわかりませんが、過去においてもこのような状況は、ほとんど

 見られませんでした。


 売れすぎて欠品を起こしているのかと思えば、そうでもないようです。

 コロナ禍でもゴルフが、密にならないスポーツとして見直され、人口が

 増えていることは喜ばしいことですが、そのことが原因とも考えられ

 ませんが。


 それ以上にメーカーが危機感を感じてか、生産品のコントロールをより

 厳密にするようになったことが、一番の原因かと思われます。


 用品においても、ウエアー同様 注文数のみの生産体制で、余剰在庫は

 一切持たないメーカーが ちらほらと見受けられるようになってきました。

 新発売された商品を目の当たりにされ、私も欲しいと思っても、もう

 自由な商品在庫はありません。


 展示会(約一年前に開催されます)で発注しない限り、入荷はしません。

 どうしても欲しい場合は 現物がある場所を探して求めるしかありません。

 流行とゆう言葉は、死語になってゆく気がします。


 在庫管理とゆう運営面の徹底をはかり、高効率化、少人数化をすること

 により、より経営面の徹底を計る業界になりつつあります。


 時代の要望といえばそれまでですが、何か、ヒューマン的な味がどんどん

 なくなってゆく気がします。

 もっともっとON,OFF的な形態の展開が進むのでしょうか?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット