2019年12月13日

ゴルフは名言で上手くなる シリーズ1

 
 グリップは手だけのものではない。
 

 両足の(グリップ・オブ・ザグランド)は、手のグリップに勝るとも

 劣らない。 (ウオルター・へーゲン)


   右足のかかとを地面から離さない。意識するのはこれだけ。


 ベタ足インパクトは、本来矛盾するはずの、飛んで曲らないを実現できる、
 
 最もシンプルなスイングの要点です。


     ベタ足インパクトの効果


 1、右膝が出て、カット軌道になることを防げる。

 2、右の腰が左へ回転するのを抑制し、インパクトで体が開きすぎがなく

   なる。

 3、胸の正面でインパクトができやすく、厚いインパクトになる。

 4、体の開かないインパクトは、チーピンの防止にもなる。

 5、右足のかかとを浮かせないことは、インパクト時に左サイドへ

   ストッパーをかけることになり、ツイスト効果が得られ、ヘッドが走り

   飛距離アップにつながる。

 6、体重移動が大きくならないので、左側へ上体が突っ込むことが抑制され

   ヘッド・ビハインド・ザ・ボールが保持される。

 7、よりアドレスに近い形でインパクトができる。

 8、左右の動きが少なくなり、アドレスのスイング軸が一定に保たれたまま

   振れる。


 これらの結果として、再現性が高まり、芯に当たる確率も上がって、

 ショットが安定する。この様にいいことずくめです。


 想像だけでなく、自らが実践し、体感することが一番大事なことです。

 最初は失敗するかもしれませんが、まず実施することです。

   DO IT YOUR SELFU。

 
ホームページ制作はオールインターネット