2020年5月28日

急がば廻れ。 早く上がりたければ、より安全に

 ゴルフでは右ドッグレッグ、左ドッグレッグのあるホールがあります。


 無論 障害を乗り越えることができれば、それ以降有利に展開することが

 できます。しかし得てしてそのような場所には、魔物 が住んでいます。

 例えば、左ドッグレッグで ハザードを越えていけば、次はPW,AWの

 ショートアイアンで攻めることができ、確率高く、いいスコアーが見えて

 きます。


 気持ちの面で、早くハザードを越えたい、クリヤーしたいとゆう気持ちが

 焦りや、打ち急ぎなどにつながることがよくあります。その為に左の崖下に

 打ち込んだり、林の中に打ち込んだりして、大叩きのめに合うことがよく

 あります。


 距離が短くても、しっかりとクリアーできなければ、いいスコアーには

 繋がりません。


 平常心で、冷静にスイングができれば、問題は無いのですが、自分の力量

 で充分クリアーできるホールでも、気持ち的に、前のホールの後悔や、

 不用意なミスを引きずって 悪循環に陥ることがよくあります。


 無論性格の問題もありますが、過去を断ち切れる性格が、ゴルフに関しては

 必要でないかと思われます。(できたことは、取り返しができません)

 ショートカットができ、いいスコアーにつながると、全く違った結果に

 なります。


 自分の気持ちと、技量を冷静に判断し、少なくとも80%以上できそうな

 ことには、トライしてください。


 やっとこともない、出来そうもないことを、自分の妄想だけで、ゴルフに

 望まないことが、大切だと思われますが、皆さんは如何思われますか?


 社会生活では毎日が、ゴルフでは毎ホールが、自己判断が必要とされます。


 ゴルフでも、なんでも取り返しがつきません。くれぐれも注意して、何事も

 楽しく冷静に取り組んでみてください。


     好循環を見つける努力を怠ることのないように。

 
ホームページ制作はオールインターネット