2020年7月6日

ゴルフ場の運営と経営

 ハンデイキャップ委員の一員として、クラブメンバーのハンディキャップの

 査定の業務に携わっています。


 競技などで 連続優勝でもするメンバーさんがいると、すぐにハンディが

 おかしいのでないかと、クレームを言われることが、たびたびありました。

 私は、それはそれで、努力されたおかげで、優勝ができたとお祝いして

 上げていいのではないかと思います。


 同時に、以降の立ち位置を明確にするためにも、ハンディ改正を行います。


 ところが、最近の傾向で、このゴルフ業界も プレーヤーも少子高齢化が

 進み、全く逆の現象もみられるようになってきました。

(プレーヤーの年齢が進み、現状のままのハンディでは、そのハンディを

 維持することが難しい方が見受けられます。)


 我々としても、一人でも二人でも より多くの方にプレーを楽しんでいた

 だき、ゴルフ場経営にも貢献できるように、メンバーとして行動することが

 必要な時代になってきたと感じております。


 NETによるエントリーフィーの値引き合戦に巻き込まれたり、目先の

 集客だけに傾注しすぎると、今後足元をすくわれるように事態になる感じ

 がします。


 中には、メンバー紹介でのフィーと、NETによるエントリーフィーが

 逆転しているコースもありますが、こんなことがあってはならないことは

 皆様方 関係各位には把握されていると思いますが、現実は・・・・・。


 格好をつければ、経営が成り立たず、のべつまく無しに集客すれば、経営は

 成り立ちますが、運営はままなりません。


 このバランスをどうとっていくかは、経営者の腕の見せ所です。

 しかし 取り巻く環境が急激に変化しすぎる中、この舵取りは非常に

 難しいと思います。


 いずれにしましても、経営が難しい時代になったことだけは、実感してい

 ます。 

2020年6月29日

ハンデイが+1の方と同伴して

 天候が、朝スタート前には、土砂ぶりでしたが、スタート時には晴れ間も

 顔をのぞかせるような天気になり、大変助かりました。


 第4週の日曜日の月例杯で、私のゴルフ史上初めて、ハンデイが+1の方と

 同伴しました。どんなゴルフをされるかと、興味深々でした。


 始まりのミドルホール、2番のロングホールで、バーディ、バーディの

 発進でした。流石と思いながら進んでいき、後のホールは殆どがパー。

 最終ホールで、惜しくもダボで 結局36のパープレーで廻られました。


 終始一貫して感じたことは、ショットの大きなミスは無いものの、やはり

 人間で、ミスもするのだなーと思いました。

 (最終ロングホールでのダボは、2打目のトップチョロが原因でした)


 他は流石とゆうか、パーパットやアプローチはほぼ完璧でした。

 パターにおいては、必ず入れるぞといった雰囲気が漂い、非常に真剣な

 取り組みをされていたことが、印象的でした。


 アマチュアゴルファーでは、アプローチとパターが一番大事だとゆうこと

 を改めて、思い知らされました。

 無論ドライバーにおいても、狙った所に的確に運ばれ、飛距離も4人の中で

 一番飛んでいました。


 これくらいのゴルフをしなければ、プラス1にはなれないなのだろうなと

 つくずく、思い知らされた一日でした。


 又、コース内での所作についても、無駄が無く、温度管理、水分補給、

 コース内での動き方、ゲーム進め方、等々、非常に参考になりました。


 非常に貴重な体験をさせて頂いた一日で、有難く思い、帰路につきました。


   皆様方にも、こんな機会に恵まれんことを祈っております。
 

2020年6月13日

今時のゴルフの注意点

 梅雨真っただ中です。雨が降らなくても、湿気が多く、多くの場所が 

 滑りやすくなっています。


 最近はソフトスパイクであり、スパイクレスのシューズが主流です。その為

 鋲のチェックが必要だと思われます。芝の上では鋲の噛み具合が気になり、

 斜面などでは、踏ん張りがきかないと、滑って転んでしまいますので、特に

 注意が必要です。


 又レインウエーアーなども、チェックする必要があります。防水機能が劣化

 して機能を果たさないと、ゴルフをする以前の問題になってしまいます。

 首すじ周りから 雨が振り込まない帽子などもあると、いいと思われます。


 クラブに至っては、唯一人間との接点であるグリップについて注意して

 欲しい思います。雨で余計に滑りやすくなりますので、グローブも雨対策

 の施してある商品がお勧めです。


 1ラウンドしようとすれば、雨の状況にもよりますが、何枚かのグローブが

 必要になりますので、事前に用意をしておきたいものです。


 雨拭きタオルも余分にもつことをお勧めします。


 グリーン上ではボールが止まりやすくなり、果敢にグリーンを攻めていけ

 ますが、ラフでは芝が水分を含み、抵抗が大きくなり抜けにくくなってい

 ます。この場合従来よりも上からボールにインパクトするように心掛けて

 下さい。


 ボールの弾道も、地面での転がりは期待できないので、最大空中飛距離が

 必要になりますので、やや高めの弾道がお勧めです。

 (フェース面の重心位置より高い位置でのインパクトを、心掛けて下さい)


 アプローチもいつもとは少し違った距離感が必要になってきます。


 いずれにしましても、雨天の時は、晴天の時よりは余分にすることが多く、

 煩わしくなります。


 事前の段取りで、少しでも面倒を少なくするように準備を怠りたりなくして

 お出かけください。
 

2020年6月12日

この時期(梅雨)のゴルフ

 梅雨宣言が出てすぐのこの時期、お昼から大雨の予報もあり心配でした。


 午前中のスループレーに変更して、早めに終了でき非常に助かりました。


 プレー後にお昼をいただいていると、すごい雨が降ってきました。この様子

 を見て異口同音に、良かったなーと・・・・・。


 10数組の予約に対し、雨模様で約半数がキャンセルとのことでした。

 ほとんどの組が、スループレーにされ、大雨の降る前に終えられたようでし

 た。


 雨天のプレーは、余分にしなければならないことが多くなり、プレーに対す

 る支障も多くなります。がしかし、グリーン上は雨のおかげで止まります

 ので、果敢に攻めていきました。


 キャデーさんの的確なアドバイスもあり、パット数は31でした。


 この時期のこのような場合、ラフにボールが入ると、水分を多く含むこと

 もあり非常に脱出しにくく、フェアーウェーにあることの有難味が、余計に

 感じられました。


 又、様々な方々と同伴させていただくことにより、異なった人間模様が

 見られるのも ゴルフの醍醐味の一つだなーとも感じられました。


 ウイークデーのゴルフプレーは、混むこともなく、マイペースで、のびのび

 プレーができ、ゴルフを楽しむにはピッタリです。

 時間的に許されるのであれば、是非ともウイークデープレーをお勧めしたい

 ものです。


 ゴルフコースも、プレーヤーも共に、WINN,WINNの関係が築ける

 ような気がします。


   雨天でのプレーをしながら、こんなことを感じた一日でした。

2020年5月30日

今日 ゴミのゼロの日 に思うこと。

 今日は5月30日で、ゴロ合わせで、ゴミのゼロの日になっているようです


 又、ゴミ箱の当て字で、護美箱と書かれているところもあります。 永平寺


 読んで字の如く、美しさを護る箱と書いて、ゴミ箱です。日本語ならではの

 当て字です。でも日本人であれば、これが何を意味するかは、理解できる

 ことと思います。


 日常の生活においても、常に綺麗にしてある所は 何人たりとも、汚そうと

 する人はいません。


 逆に 奥まった場所や、暗がりの行きどまりのような目立たないところ

 ですと、ついついゴミをポイッとすることが見受けられます。


 常日ごろから綺麗にしておけば、汚れることは まずありません。


 皆さんが心掛ければ、町中が、ひいては日本が綺麗になり、住みやすい

 環境になり、気持ちよく過ごすことができます。


 皆さんもそう思いませんか? ゴミゼロの日に当たり こんなことを思い

 ました。

ホームページ制作はオールインターネット