2020年7月6日

あるメーカー試打会に立ち会ってみて

 とあるメーカーの試打会が 市内の練習場にて開催されました。

 天候もまあーまあー、土曜日の午後とゆうこともあり、場内も8割がた、

 埋まっていました。


 自分自身もそのメーカーさんの試打クラブを 実際に弾道がどのような

 形で飛んでゆくかを見たことが無かったので、いい機会だと思い 出かけ

 ました。


 聞くと視ると大違い、百聞は一見に如かずの通り、実打すると今までの自分

 のイメージとは全く違った弾道に驚かされました。

 シャフトの違いも、実打することにより、より正確に把握することができ

 ました。(反省、反省)


 やはり実打に勝る説明なし。この思いを新ためて認識できました。


 それよりもさらに驚いたことがありました。昔から、木を見て森を見ず

 の言葉が思い出されましたが、プレーヤーがクラブの性格や、打ち方の

 ポイント、スイングの方法、など基本的なことすら理解されずに、自己流

 で練習されている方が ほとんどである事に驚かされました。


 様々なゴルフに関する雑誌や、参考書、解説書が発行されていますが、

 練習されている方のほとんどが、力任せの自己流の打ち方をされていました


 試打会に興味を持って寄って行かれる方に対し、クラブの癖や 作られ方

 性格を説明すると、しきりに感心されていました。


 中には、誰かから譲ってもらったとゆう理由で、いただいたクラブ

 (仕様的には、決してあっていません)を懸命に、歯を食いしばって

 打たれているご婦人に、軟らかいクラブをおすすめすると、1発打って即

 納得、気に入った様子でした。


 又、ユーティリティ―クラブに興味があるとゆうことで、W#1を一緒に

 持って見えていましたので、まずW#1を打っていただきました。

 自分でも弾道を見て、理解されている様子で、スライス回転の球が盛んに

 出ていました。これもアドバイス1つで簡単に直りますよと、クラブの性格

 スイングの方法を指導すると、軽いドローが出始めました。

 見てみると、お持ちのクラブも、とらまえの良いタイプのクラブで、扱い方

 を間違えてお使いになっている為だと理解されたようでした。


 総じて、皆様がお持ちのクラブは、ハードスペックでした。


 一人一人に理由を述べ、的確な商品をお渡しできれば、もっともっと楽に、

 力任せでなく、クラブがボールを遠くに運んでくれることが、理解され

 そうでした。


 力でなく、クラブの機能を使えば、もっともっと楽にボールを遠くに

 運ぶことができることを、より多くの方々にお伝えしたい気持ちで帰って

 きました。


 弊社のインドアでは、弾道までリアルに見ることはできませんが、大まか

 どんな球筋なのかは、判断できます。


 いつも申し上げていますが、ブランドだとか、名前でクラブを選定する

 のではなく、実打して、納得して、クラブはお求めください。


      あらためて、この思いを強くした一日でした。

2019年9月30日

合同委員会にてハンディキャップのダウン査定承認

 少子高齢化対策、競技の公平さの維持、およびカントリーの営業対策に

 役立つとして、ハンディキャップ(クラブハンディ)のダウン査定の実施に

 ついて提案しました。  結果的に会で承認されました。


 今後は、申請の要領、方法など詳細にわたり、関係各位の意見を取り入れ

 ながら、具体的な方法、時期について検討に入りたいと思っております。

 
 競技の参加人口の減少、ハンディの取得、改正の必要な方の減少など、

 ゴルフ場への入場者数の減少が問題になってきています。予測される事態

 ではありますが、ゴルフ場としても、ただこまねいてばかりでは何の役にも

 なりません。


 合同委員会とゆう クラブ運営の中心的な役割を担う方々の集まりの中で

 知恵を出し合い、このような状況を打破すべき対策が必要です。


 当事者だけでは、考え方が片よりますので、第3者の意見も組み入れて

 考えてゆくべきだと、思われます。

 ゴルフ場もメンバーもお互いに、WINN,WINNになるべき施策が

 望まれます。


 ハンディのダウン査定が認められたことは、小さな一歩かと思いますが、

 関係各位にとっては、大きな一歩の始まりのように思えます。


   自分自身のことと思い、企画、立案がなされることを望みます。

 
ホームページ制作はオールインターネット