2019年9月30日

合同委員会にてハンディキャップのダウン査定承認

 少子高齢化対策、競技の公平さの維持、およびカントリーの営業対策に

 役立つとして、ハンディキャップ(クラブハンディ)のダウン査定の実施に

 ついて提案しました。  結果的に会で承認されました。


 今後は、申請の要領、方法など詳細にわたり、関係各位の意見を取り入れ

 ながら、具体的な方法、時期について検討に入りたいと思っております。

 
 競技の参加人口の減少、ハンディの取得、改正の必要な方の減少など、

 ゴルフ場への入場者数の減少が問題になってきています。予測される事態

 ではありますが、ゴルフ場としても、ただこまねいてばかりでは何の役にも

 なりません。


 合同委員会とゆう クラブ運営の中心的な役割を担う方々の集まりの中で

 知恵を出し合い、このような状況を打破すべき対策が必要です。


 当事者だけでは、考え方が片よりますので、第3者の意見も組み入れて

 考えてゆくべきだと、思われます。

 ゴルフ場もメンバーもお互いに、WINN,WINNになるべき施策が

 望まれます。


 ハンディのダウン査定が認められたことは、小さな一歩かと思いますが、

 関係各位にとっては、大きな一歩の始まりのように思えます。


   自分自身のことと思い、企画、立案がなされることを望みます。

2019年9月28日

ハンディーのダウン査定

 このところ、年配者の交通事故の記事がクローズアップされています。

 事故の総数から言えば、少ないのですが、なぜか年配の方の起こす事故が

 マスコミに大きく取り上げられています。


 このような環境の中、運転免許証の自主返納も話題になっています。止むを

 得ず交通手段の少ない地方の方々にとっては、このことは死活問題でもあり

 ます。(買い物難民問題)


 行きたい時に行ける、自分の好きなところに、好きなだけ、好きな時に行動

 できる、これを実現してくれる車は、生活に非常にありがたい交通手段です

 これが無くなるとどうなるかを考えるだけでも、心が沈み、気持ちが萎えま

 す。


 生活の為、仕事の為、遊びの為にもなくてはならない手段です。

 この手段を手放すことは、人によっては、手足をもぎ取られたような気持ち

 ではないでしょうか。


 今は他人ごとのように思われている方も、いずれはどなたも通る道です。

 どなたも、いつまでも健常ではいられません。決断の時が必ず訪れます。

 そんなときの為にも、今できることを楽しむ為にも、誰しも公平さを

 持ったシステムが必要だと思われます。


 人生の下り坂に入った人々にとっては、当然必要な処置でないでしょうか。


 私の所属のゴルフクラブでは、コースハンディにてハンディが決められて

 います。今までは上がるだけで、下がることはありませんでした。


 ハンディのダウン査定は、コンペの盛んなコースにおいては、余計に必要

 な処置だと思われます。


 明日開催される合同委員会にて、この考え方採用をしていただけるように

 申し立てしようと思っています。   皆さんはどう思われますか? 

2018年11月12日

本当の相談相手がいない

50台前半の方が、フラッと 来店されました。

 この10月から ゴルフの練習を始めたばかりですと。

 実際に、球を打ってもらうと、確かに、へっぴり腰の手打ちで、しかも

 煽り打ちで、方向も定まらず、まともに当たりません。当たり前ですよね。

 来店の理由は、自分がどんなクラブを選べばいいのかの、相談でした。

   (カーボンシャフト付きか、スチール付きか。RかSかSRか)


 年齢を考えると、微妙な選択です。またブランドものにしようか、否かと。


 その方その方に応じた悩みがあるのだなと、思いつつ、クラブの特性、

 道具としての性格、歴史の上での変遷などを説明すると同時に、自分自身

 の運動経験、基礎体力からくるH/Sや、振るタイプから相応しいクラブ

 が何かなど、1時間半にわたり、レクチャーしました。


 本人にとって、まだクラブを握り始めたばかりで、説明やレクチャーが

 100%理解されたとは思っていませんが、何がし参考になったかと

 思っています。

       このような方が、最近多く見受けられます。


 お客様に対するお店の対応が、こと細かく顧客に接するすることができて

 ないためだと思われます。ゴルファーがシュリンクしている中、売り上げ

 ファーストでの対応では、本当にゴルファーの満足には結びつきません。


 言葉や、表現では努力しているような言い方をされますが、何を使えば

 いいのか、またどのようなものが相応しいのかと、不安をもって来店

 される方々にとっては、スッキリとした回答にはなってないのが現実です。


 若い方ならともかく、社会的地位もあり、お付き合いする方々、ゴルフを

 一緒される方々など、クラブの選択肢にはいろいろと問題があります。


 その中で、今だけでなく、将来を見据えたクラブ選びが大事になってきます


   少しでもこのような方々の手助け、助言ができればと思います。


 真剣にゴルフに取り組もうとしている方を、1人でも2人でも多くして

 行きたい思いでいっぱいです。
 

2018年10月12日

本町通り、問屋街マーケット開催迫る

本年4月に紹介しましたが、本町通りでマーケットを実施することに

  なり、来る10月26日(金)、27日(土)の2日間にわたり、ここ

  本町通りにおいて、マルシェ、ゼミを開催いたします。初の試みです。

  本町沿いで(見て、知って、買って、体験できる)2日間です。

  
  地元のお店や、マルシェ人気店が集まり、キッチンカーのご飯や、手造り

  パン、新鮮野菜などの即売や、商品に関するゼミや、お子様が楽しめる

  縁日ブースも展開いたします。

  
  本町通り歴史資料博物館では、本町通りの今昔物語の展示、説明会を

  開催いたします。来館戴いた方には、昭和初期の古地図(写し)を

  プレゼントします。  入場は、無料です。


  又、余興として、26日(金)に、ピュスラにおいて お楽しみ落語会

  も予定致しております。

  (出演者 ばもす亭 公、御幸亭 はやしの両名を予定致しております)

      1ドリンク付きで500円にてお楽しみいただけます。

  見て、知って、楽しんで、秋の1日をお気軽に、お楽しみください。

  
  弊社におきましても、13:30からと15;00から2回ゼミを開催

   (ゴルフクラブの今昔、ゴルフボールの選び方についてのゼミ)

  を予定致しております。  興味のある方、是非起し下さい。

 
ホームページ制作はオールインターネット