2016年10月8日

クラブトレンド

ドライバーのトレンドについて

長さについて、45,5インチを中心にやや長めに推移しています。

10程前、プロは 長さが45インチ以下で、総重量が320グラム強でした

た。現在はとゆうと、46インチの長いクラブを使用しているプロもいます。

又重量も310グラム台が多くなっています。

女子プロも50グラム台のシャフトで 290グラム前後のW#1が中心です

硬さもRが中心で、ハードな方でSR〜Sを使用。長さは45,5〜46です

いずれにしましても、クラブが長くなれば重量は軽くなります。これにより

H/Sを早め、飛距離を出しています。

男性アマチュアも、短く、重く、硬いクラブを振るのでなく、長めで、軽く

軟らかいクラブを、オートマチックに振って飛ばしてください。

   短く、重く、硬いクラブを打って飛ばす時代は終わりました。

アイアンにしても 長く、軽く、軟らかいクラブで飛距離UPを実現しよう

としています。

   打つクラブから、振るクラブへの移行がどんどん進んでいます。

クラブの変化、進化を考慮し、力任せのゴルフでなく、スイング中心の

ゴルフに移行してください。まだまだ飛距離は伸ばせます。

考えかたを変え、勇気ある第一歩を踏み出してください。

今のクラブに もっともっと仕事をしてもらいましょう。

2016年10月1日

ヤマハ UD+2 シリーズ好調です。

9月中旬に発売されました、ヤマハの新製品 UD+2シリーズがここにきて

好調な動きを見せています。 特にアイアンに顕著な動きが見られます。

カーボン、ZEROSのスチールシャフト付共々好調に推移しています。

PRGRのRSシリーズ同様、突出したモデルに一曲集中の傾向が顕著に

見られます。

顔とか、デザインとかだけでは満足されずに、目に見えて違いの分かる商品

しか動かなくなりました。

この様な、求められる商品がありますと、デイーラーとしては、安心して

お勧めでき、非常に助かります。しかし悪さ加減も忘れずお伝えすることが

非常に大切だと思っております。

ただ売れれば良いわけでなく、より相応しいも物の提供を目指します。

 
ホームページ制作はオールインターネット