2019年6月27日

成果あり、が実証されました。

 先の3回にわたるゴルフの講演で御出席の方の内の、1名が初来店されま

 た。クラブを見立てて欲しいと、数本のクラブを持参して来店されました。

 レフテイのお客様で、どこに行ってもなかなか試打クラブが無いとのことで

 クラブを持参し、来店されました。


 3回の講演が終わっての翌日のプレーで、念願の80台(89)が出ました


 今までのストロークの平均が、103 でした。

 原因は、FWとかIRONを使う時、ボールをつぶすように打てとゆう

 アドバイスと、パターフィッテイングにおけるアドバイスが功を奏し、

 このような結果になりましたと。


 最近まで10万円以上も投資し、ゴルフスクールに通ったにもかかわらず、

 なかなか成果が出なかったのですが、この3回の講演で何か、目から鱗で

 感ずるものがありました。

 又本日のスイング練習で(実打)のアドバイスで、H/Sが、33H/Sが

  
 38M/Sになり、今まで160〜170Ydのドライバーの飛距離が、

 200Ydを越えることも度々出始め、さらにビックリされていました。


 パターフィッティングも同時に行い、より正確に相応しいタイプのパター

 をお知らせしました。又お見えになると思います。

 
  10年前にお目にかかっていればな〜と、残念がって帰られました。

2019年6月24日

何年振りかに 月例杯に優勝

 昨日23日(日)久しぶりに、ホームコースにて月例杯に参加しました。

 天候は雨も降らない曇天で、おまけに風も無く、絶好なゴルフ日和でした。

 同伴競技者もほぼ同じクラスの方々で、中には、理事長杯の優勝者も見え

 気合が入りました。


 前半珍しく、39、後半も7番まで+1でした。8,9番でダボ、ダボで

 41で、グロス80、NET71(1アンダー)で優勝でした。


 もう何年も記憶にないぐらいのことでした。同伴者の取り組み方も、かなり

 影響がありますね。

 オープン参加の方も一人みえ、拍車をかけたことも、否めませんでした。

 いずれにしましても、ゆっくりと、自分を見失さずにプレーしていくことの

 大切さを、まざまざと知る一日でした。


 歳相応のリズムで、自分自身の技量を理解して、取り組みましょう。何事も

2019年6月22日

試打室を開放致します

 弊社における試打室を、解放致します。


 FITTING予約や、クラブ選定以外の時間帯で、空いていれば、自由に

 使用して頂いて結構です。


 近郊の練習場が閉鎖や、廃業で閉じていく施設が多く、かなり遠くまで

 いかないと、練習場がありません。

      弊社施設を、身近な練習場としてご利用下さい。


 以前も申し上げましたが、感覚は3日もやらないと、鈍ります。少しクラブ

 を握って、振るだけでも感覚は甦ります。


 又、現在は情報時代です。様々な新情報が、珍情報が氾濫しています。

 それを確認することも含めて、施設を利用してください。


 自分の頭の中だけで、もやもやしていてもなんの意味もありません。

 人に話す、書いてみる、実行してみることが、知識を得る以上に大事な

 ことです。 (インプット対アウトプットの黄金比は3:7です)


 疑問を解決する場、実践する場、確認する場としても、ご利用下さい。


 無論、現場とは違う状況ですが、体がスイングを覚えることについては、

 何ら問題はありません。


 目的が何であれ、利用して頂き、お互いがWIN,WINの関係になれれば

 いいと思っています。  (遠慮なく、ご利用下さい)

2019年6月21日

BS PHYZ 特価ボール入荷しました。

 
 BSのPHYZのゴルフボールの特値品が入荷しました。

 色は、ホワイト、パールホワイト、イエローの3タイプです。

      売価は ¥3700円+税です。


 柔らか目のボールで、球離れも遅く、コントロール性能も良いボールです。

 飛びの方も、遜色なく、飛びます。年配の方とゆうか、非力な方方にも

 扱いやすいボールです。


 この時期のお中元や、贈り物としても、負担も少なく、適した商材です。

 数量に限りがありますので、早めの購入をお勧めいたします。


    まとめ買いについても、ご相談に応じますので、遠慮なく。       

2019年6月19日

ゴルフ講座 無事終了しました

 昨日18日(火)に3回目のゴルフ講座が終了しました。


 4月は、クラブの性格、性質と 時代的変化についての話。

 5月は、自分自身のスイングパターンについての話。

 6月は、14本のクラブの中で、一番大事なパターについての話でした。


 講演自体が初めての経験で、最初はドキドキでした。しかし話始めると、

 次第に慣れてきて、マイペースで話ができるようになると、聴講生一人

 一人の顔や、様子もうかがえるようになりました。

 時間配分のことを気にしていましたが、アドリブや、質問時間を設ける事

 でこれも何とか、クリアーできました。


 あとは、聴講生に対し、伝えたいことがどこまで伝えられたかです。

 (伝えることの難しさを、身をもって経験させていただきました。)

 講演の中で、聞いたこと、見たこと 話されたことを必ず実行してください

 とも、お伝えしました。


 今回は、流行の話ではない為、興味深々ではなかったと思います。

 原理、原則で 時代によって変わる事の無い話をさせて頂きましたので、

 理解して頂ければ幸いに存じます。(講師冥利に尽きます)


 解りやすさと、見える化をモットーとして進めたつもりです。次の機会が

 あれば、今回の経験を活かした 講演ができればと、思っております。

 
 最後になりますが 今回ご参加の聴講生の皆様の協力に感謝します。

    
     大変お世話になりました。 有難うございました。

  

ホームページ制作はオールインターネット