2021年1月18日

柔らかインサートのパターを使ってみて

真冬の月例で、試しにフェースインサートの柔らかいパターを使って

 プレーしてみました。


 普段は、オデッセイのFUSION RX インサート付き(やや硬めの位置付け)

 にてプレーしています。

 今回、PING SIGMA2のANSER33,5インチ(某有名女子プロが使用)で

 実際に、プレーしてみました。


 寒さの中でのプレーでしたが、やはりとゆうか、手に響く感じがなく、

 ほとんどが、オーバー気味で終始しました。


 硬いインサートで、同じボールを使用した時とは、まったく違った感覚

 でした。 これほどまでに違うものかと、改めて認識できました。


 皆様も、パターで、ショート気味で悩んでいる方が見えれば、フェース

 インサートの柔らかいパターを 一度試しては如何でしょうか。


 パターでの距離感の悩みは、一つ解決すると思いますが・・・・・・。

2021年1月17日

グリップの太さについて

 
 最近のクラブについている、グリップは毎年のように、新しいモデルが展開

 されています。傾向としては、グリップがやや細めになってきています。

 なぜならば、クラブが長く、軟らかく、軽量になってきているためです。


 しかしアスリート向きのモデルをお使いになっているの方の中には、手の

 サイズが大きい方もあります。又そのような方々は、ややしっかり目の

 クラブをお使いになります。その為か、しっかり握って、しっかり振ろう

 とします。


 このような方々以外にも、手のサイズに合っていないモデルでは、色々と

 問題点が発生します。

 指が余ってしまい、しっくりした振りができないとか、逆に太すぎて、

 しっかり握ることができないとかの問題点が発生します。


 野球と同じで ホームランバッターは(飛ばし屋は)やや細めのグリップ

 を好みます。昨今のクラブは軽く、軟らかく、長くなってきている為、

 軽量の細めのグリップがついています。


 軽量にするためには、グリップの肉厚は当然のことながら薄くなります。

 その為か、今のグリップは細め、かつ丸型で 薄いグリップが主流に

 なってきています。


 グリップはプレーヤーとクラブの唯一の接点です。プレーヤーが思いのまま

 に扱うことができるか、否か、自分の右手であり、左手のように自分の

 意志通りに動かせるかを決める重要な要素です。


 重さと同様、太さもグリップを決める上では、蔑ろにしないで欲しいもの

 です。このことに、あまり気にされる方は多くは無いようですが、大変

 重要なポイントだと思われますので、よく注意して選定してください。

 
ホームページ制作はオールインターネット