2021年4月27日

紫外線対策

 
 気が付いてみれば、今年もすでに1/3が過ぎようとしています。

 ゴールデンウイークを前にしてみて、いつの間にかとゆう感じです。


 連休中は天候があまり芳しくない予報ですが、コロナ禍とゆうこともあり、

 より慎重にお過ごしください。


 ゴルフにはいい季節ではありますが、日差しも強くなり、紫外線もかなり

 なものです。天気が曇天ですと、実感ではあまり感じませんが、紫外線は

 相当浴びることになります。


      紫外線の浴びすぎを防ぐ6つの基本的な紫外線対策

  1,紫外線の強い時間帯は外出をさける。(正午前後がピーク)
  2,日焼け止めを毎日塗る
  3,日陰を利用する。
  4,日傘をさす。帽子をかぶる
  5,衣服やストールなどで覆う
  6,サングラスをかける。

 このようなことに注意しても、紫外線は、直射光ばかりでなく、散乱光や

 反射光も浴びることになり、3方向から紫外線を浴びることになります。


 晴れた日の日中は直射光の1,5倍の散乱光が地表に達します。


 反射光は土や草地では、直射光の10%以下、アスファアルトで約10%

 水面で10−20%、砂地で10〜25%、新雪では80%、にもなります

 日傘や帽子だけでは、散乱光や反射光を防げません。


 サングラス、UVカットの洋服やスカーフ、手袋、日焼け止めなどが有効

 です。この時期ぜひ紫外線対策を怠ることなく実施してゴルフを楽しんで

 ください。

2021年4月23日

有難うございます。実体験しよう。

 弊社のホームページのブログを見てきましたと、突然の来訪者。


 コロナ禍で外出が控えられている最中、会社帰りなのか、その方は、突然に

 来店されました。


 私としては、ブログを読んでいただいているとお聞きして、千人力でした。


 私自身の考え方や、接し方、接客方法が理解されている方ですと、前置き

 なしに本題に入ることができ、手間が省け、省エネにもつながります。


 ポリシーが理解されていれば、ダイレクトにお話ができ、ややこしい表現

 もいらなくなり、ストレートに話題に入れます。

 この方のように 最初に行っていただけると、単刀直入に本題に入ること

 ができ、私としても非常に有難いことです。


 又、昨今 伝えること の大事さを知る機会に巡り合い、その大変さが、

 商売ばかりでなく、日常生活においても、同じだとゆうことがわかって

 きました。


 相手の立場に立って(聞く側の立場に立って)お話ししなければ、一方通行

 になってしまい、本当に伝わっているかは、定かではありません。


 そこで私自身、講座においても、同じことを申し上げていますが、

 百聞は一見に如かずで、必ず自分自身で、身をもって体験してくださいと。

 頭でもやもやと考えているよりも、一度 体で体験してくださいと。


 そちらの方が間違いなく理解できると思われます。またそこから次の課題

 が見つかり、もう一歩進んだ考え方ができるようになると思われますが、

 皆さんはどう思われますか?

 
ホームページ制作はオールインターネット