2019年6月3日

スコアーメイクはやはりアイアンか

 長年に渡り行われている定例のコンペで、若い方と久しぶりに同伴しました


 前半は、6つのパーで41で回られました。レギュラーティからのプレー

 でしたが、その方は非常によく飛ぶので、2打目はほぼショートアイアン。

 ショートホールもアイアンでのショットで、正確性とパターの安定感があり

 前半だけでパーが6つ。(惜しいショットもありました)うなずける

 スコアーです。

 やはりとゆうか、方向性もさることながら、、アイアンの飛距離と正確性が

 スコアーメイクに大きく起因することが、改めて感じました。

    (その方のプレーを見ていて、安心感が感じられました)


 又同伴の女性も自らのベストグロスで、堂々の優勝でした。

    (45,45のグロス90)

 それも難しいホールで、バーデイを2つも取られ、花を添えました。

 ドライバーの安定感のある飛距離と、パターにおけるストロークによる

 スイングが大きく貢献したように思いました。

   (おめでとうございます。名実ともに優勝に値すると思います)


 いずれにせよ、アイアンの距離感と安定した方向性は、次のショットに

 大きく影響します。ピン近くに落とせれば、パター数にも好影響です。


 無論、W#1、FW,UTにも同じことが言えますが、スコアーに直結

 は、やはりとゆうか、アイアンの正確性と、パターだとゆうことを切に

 感じた一日でした。

 

2019年6月1日

パター以外全部

 ウエッジ以外、W#1から、FW、IRONに至るまで、作らせて頂いた方

 が、2か月振りにお見えになりました。開口一番、楽に飛ぶようになりま

 したと。有難うございますと。


 たまーにW#1で引っかけが出ますが、如何ですかと、質問。

 更にWEDGEが全部右に出てしまうんですがと、質問をいただきました。


 どれどれと、打っていただきました。やはりゆうか、W#1においては、

 今までの打ち方(飛ばし方)が体に染みついていて、力んだ時に左へと判明

 まずもって、グリップの持ち方を左手中心で、手の平の腹でグリップの天端

 を抑え、ヘッドを吊り、右手の力を抜きましょうと、アドバイス。

        (右手の人差し指をシャフトの上に置く)


 次いでアプローチをして頂くと、テークバックの引く方向がややインに

 引かれていて、フェースが戻る前に、右手で打っているため、ほとんどが

 右へプシュアウト気味にボールが出ていって、スピンコントロールも含め

 なされていませんでした。


 そこで、テークバックの方向と、フェース面のコントロール、ヘッドより

 先にグリップを動かすとゆう点をアドバイスすると、今までの堅いあたり

 から、ボールをフェース面に乗せて運ぶ軟らかい当たりが出始めました。


 W#1のショットと同様、現場で実行して頂くように御願い致しました。


 すると、WEDGEの48度、54度、58度の3本 易しいWEDGEを

 お願いしますとのことでした。これでパター以外の全クラブが、私のお勧め

 品になります。


 又 パターフィッティングに話が移りましたが、本人曰くまだまだ先ですね

 とのことでした。


 近い将来、パターフィテイングにお見えになることは、必定だと思います。

 

2019年5月20日

やはりパターか

 昨日のLPGA最終ホールの場面。一人はパーで上がり、プレーオフへ。

 もう一人は、バーデイフィニッシュでプレーオフに参加と思いきや、もう

 一人が下りの微妙なラインを入れ返して、優勝をさらっていきました。


 途中経過はいろいろとあった思いますが、男子トーナメントでもつい先日

 絶対絶命の場面で、微妙な下りのラインを沈め、初優勝を成し遂げたプロ

 が誕生しました。


 このように優勝を決定するのは、いつもグリーン上での攻防です。


 意外とろくに練習もせずに、朝 少し転がしただけで、ラウンドに臨む方

 が多い中、重要性を知っていり方は、念入りに調整されています。


 一打の重さを知る方がされることには、無駄がありません。

 このように些細なことが、勝負を決定ずけるのではないでしょうか。


    パターとの付き合い、長いぞー。大事だぞー。4割だぞー。

2019年3月9日

年齢が進むほど影響が大きい、4スタンス理論

 
 40代後半の方が来店されました。イップスになってしまい、直す方法が

 ないかと相談にみえました。


 30代〜40代前半においては、考えられない状況ですがと。若い時分は

 他の人から何を言われようが、若さ(パワー)で克服できてしまっていて、

 飛距離も他の方よりも20〜30余分に飛び、悩むことは何もなかったと。


 しかしここにきて、トップからクラブが降りなくなってしまい、いわゆる

 イップスになってしまいましたと。なぜなんだろうと、相談にみえました。

 
 本人曰く、自分は決して競技志向でもなく、皆様と楽しくゴルフができれば

 いいとおっしゃっています。(確かに職業柄、付き合いゴルフが多いです)

 
 以上のことを鑑みにるにつけ、力(パワー)に頼らない自分が必要に

 なります。すると持って生まれた性格とゆうか、性質が大きく影響して

 きます。


 このことは 他のスポーツ、趣味の世界、楽器の演奏等々、日常の生活

 にも 当然当てはまります。

 本来自分の持って生まれた特性を生かすことができれば、動きがスムーズ

 になり、可動域も大きくなり、より大きな力が発揮できます。


 パワーだけに頼ることなく、素の自分を出せれば、、もっともっと楽しい

 生活が、スポーツが行うことができます。


 年齢を重ねれば誰しも、必ずパワーは落ちてきます。その時になれば、

 なるほどこの素の自分が大事になってきます。


 クラブ同様に、自分の一番安定したポジションを知ることにより、パワーに

 頼ることない生活が楽しめるはずです。お客様にもその旨お伝えしました

 

 

 
ホームページ制作はオールインターネット