2020年6月9日

SM8の6種類のソールタイプ(グラインド)の使い方

 ゴルフのスコアーを一番左右するクラブは、パターとWEDGEです。

 WEDGEの、寄せが決まれば自ずとパター数は少なくなります。

 そこで知っているようで、知らないWEDGEについて少し考えてみます。


 全体の重さや、シャフトを何にするかは、自分の使用しているアイアンの

 重さ、シャフトにより決まってきます。アイアンよりは必ず重くしてくださ

 い。なぜならば、WEDGEは飛ばすクラブではなく、止めるクラブだから

 です。


 シャフトが決まれば、次はヘッドの形状にの選定になります。


 WEDGEの使い方は 大きく2つに分かれます。


 フェースを開いて使う方と、そうで無い方に分かれます。


 フェースを開かずにスイングする方は、ソールの中央部の出っ張りが大きく

 影響してきます。片や、フェースを開いて使う方には、ヒール部の出っ張り

 が気になるはずです。又 スパッと振りぬきたい方にとっては、尚のこと

 この出っ張りが気になり、出っ張りがない方が、使い勝手はいいはずです。


 このように打ち方によっては、相応しい形状が(必要な形)見えてきます。


 無論 現場の状況により、(ライ、芝の量、上り、下り、ベアーなど)

 WEDGEを使う状況はその都度変化します。その度ごとにWEDGEを

 換えることはできませんが、自分自身の打ち方、使い方はほぼ一定ですので

 その打ち方に相応しい、使いやすい形状のものをお選びください。


 以下に 色々な状況にお勧めのモデルの例を挙げてみます。参考までに。


 1、 刈られた花道や、芝の薄いところからでもボールが拾いやすいのは

    LグラインドやMグラインド(ソールの抵抗が少ないもの)

 2、 グリーン周りのラフなど、やや沈んだ状態で使うのに安定感が高い

    のは、FグラインドとKグラインド(全面にバウンスを持つもの)

 3、 バンカーで狙い通りに打てたのは、Dグラインド

    (ツアー選手の要望により、作成されたソール形状)

 4、 つま先上がりなど しっかりと構えにくいところでは、Kグラインド

    がお勧めです。(ソール全面にバウンスを持つタイプ)


  総じてWEDGEが苦手な方であれば、FグラインドやDグラインドで

  56°を基本に選ばれた方が、いい結果になると思います。               

この記事へのコメント
いつも勉強させて頂いております
今回のウェッジの選び方については、ほとんどのゴルファーがフィーリングのみで選んでいると思います。それをわかりやすく説明されていて素晴らしい内容だと感じました。ぜひ、人が集まれるようになりましたら、講義にご一緒させて頂きたいと思っております。
また次回の更新を楽しみにしております
岡本 健 2020-06-12 08:51:07

2020年4月4日

WEDGEのお勧め構成とその扱い方

 アイアンのストロングロフト化により、ウェッジの2本時代のロフト角が

 48°〜50°だったのに対し、現在では、PWのロフトが43°〜46°

 が一般的になり、飛距離がアップした分、最も寝ているWEDGEとその

 飛距離やギャップを埋めるために、複数のウェッジが必要になって

 きました。


 グリーンを狙うショットは、力感の強弱をつけて距離感をコントロールする

 よりは、フルショトに近い感覚で狙っていく方が、はるかにシンプルで

 やさしい。(よく言われる、コントロール程難しいものはないと)


 PWのロフト角   43°の場合   48° 52° 56°

                    46° 50° 54° 58°

            44°の場合   48° 52° 56°

            46°の場合   50° 54° 60°


 ショートゲームはすべてのゴルファーにとって、スコアリングの要です。

 特にグリーンを外すことが多い、アマチュアゴルファーにとっては、

 スコアーを大きく左右する要素です。


 しかし現実では、ヘッドがボールの手前の芝に突きささってしまうダフリ

 あり、さらにそれを恐れて、トップボールまで助長します。


 WEDGEには独特のバウンスがありますが、これをうまく利用すること

 により、これらのミスを少なくすることができます。


 バウンスはウエッジのエンジンと呼ばれていますが、この機能を使うこと

 によって、ショートゲームが上達し、スコアーアップにつながります。


 バウンス効果が大きい程、ヘッドが前に進み、抜けの良さを促進させます。

 
 バウンスと友達になって、地面にソールを滑らせて、ボールを拾う感覚を

 身に着けて下さい。そうすることにより、ウエッジショットが楽になり、

 もっと安定します。結果としてよいスコアーに・・・・・。 

2020年2月15日

クラブフィッティングの落とし穴

 昨今どこのショップでも、クラブフィッテイング、パターフィッティング

 ボールフィッテイングが、あたり前のように行われています。これも購入に

 あたり、責任をもって あなたの技量に合った道具をお勧めしますとの配慮

 だと思います。


 しかし現実的に考えますとに、決してお客様の立場に立って、お客様の為に

 と思ってされている場合ばかりではないように思われます。


 自分の店としての売り上げ重視で、売らんがための施策として、行われて

 いるような節が見られます。


 なぜかと言ゆと、会場でDATAのMAXの数値でクラブが選定されること

 がほとんどですが。ちょっと冷静になって考えてみて下さい。

 最初のスタートホールや、お昼を食べた直後のホールで、自分の技量の

 100%で振るでしょうか、又振れるでしょうか。経験された方なら

 わかると思います。


 クラブの時間的流れから言っても、そのような扱い方では、現代のクラブ

 の機能が発揮できないと思います。


 DATAのMAXでクラブを製作することは、顧客の満足度が満たされ、

 プライドが保たれます。しかし一連の流れの中で道具を扱うことを考えて

 見て下さい。全てのホールでMAXの状況でクラブが扱えるでしょうか?


 無論一生懸命にクラブを振られると思われますが、気候とか、取り巻く

 環境によって大きく状況が変化します。ようするに、総てにおいて、

 MAXでは、扱えないとおもわれます。


 このような取り巻く環境や、気象条件等々を考慮しますと、パワー全開の

 条件でクラブをつくると、そのほとんどがオーバースペックになります。


 自分の体調なども加味しますと、少し優しめのアイテムが必要だと思われ

 ます。(怠けるとゆう意味でなく)


 どなたも一様に加齢してゆきます。バリバリと鍛えている方は別として、

 一般的には、現状維持がいいところだと思われます。このように総合的

 見地から道具としてのクラブを見れば、自分に相応しいアイテムが見えて

 きます。


 メーカーのオリヂナル商品よりも、特注のカスタムの方が値段が高く、その

 分よさそうに見えますが、ほとんどは、自分が扱う時に辛い えらい思いを

 するモデルが大半です。


 メーカーがそのターゲットに対し、試行錯誤を繰り返し、開発した商品です

 そのことを考えれば、その良さが理解できるのではないでしょうか。

 むやみにカスタムに走るのでなく、自分が気持ちよく扱うことのできる

 アイテムを見つけて下さい。これがが本当のクラブフィッティングでない

 でしょうか。

2020年1月7日

ゴルフは名言でうまくなる シリーズ12

 
 次善を求めて、最善を尽くす。 (中部 銀次郎)


 いつも次のプレーに可能性を残すような選択をする。

 最高ではないけれども、次のプレーをするには、十分で安全なポジション

 を求める。

 最善を求めてしまうことを慎み、次へ、その次へと可能性を残し続けていく

 ことが、好循環の始まりです。


 PLAY FAST (白洲 次郎)

 
 PLAY FASTはゴルフにおける最も重要な原理、原則です。

 プレーに無駄が無いゴルファーは、たいがい上手だし、上達も早い者です。

 スロープレーからは、いいリズムは生まれません。

 決断を早くし、あれこれ迷わずにストロークした方が、ミスショットも

 ミスパットも減ります。

 
 遅いプレーヤー程、嫌われるゴルファーです。皆さまも充分注意して

 下さい。嫌われるどころか、誘われなくなりますから。


 本年も宜しく、お付き合いの程お願いいたします。

2019年12月27日

ゴルフは名言でうまくなる シリーズ11

 
 格好なんて気にするな。格好を気にしていたら、そればかり気になって、

 上達などそこで止まっちゃう。 (中村 寅吉)


 アマチュアゴルファーは悩み過ぎなんだ。悩んだって解決するもんでもない

 から、悩む時間があったらボールを打ちなさい。


 テイクバックの形、トップの形、フォロースルーの形やフィニシュの形など

 格好よくしようと気にするのは、あまり意味のないことです。

 頭を動かさず、ゆっくりとしたリズムで振る事だけを注意して、練習して

 下さい。


 更に フォロースルー自体はボールの飛行と何ら関係ない。ボールを打つ

 運動の総ては、クラブヘッドがボールを打つ前に作られるものだから。

 フォロースルーやフィニシュで格好をつけても無意味だ。


 ゴルフは感性のゲームです。自分の感性が出せるフォーム、感性が生きる

 フォームが、その人にとって一番良いフォームと言えます。


 クラブ自体が変わってきています。その変化の意味を考慮して、自分に

 あった(感性が発揮できる)格好でゴルフを楽しんでください。



 今年一年お付き合い有難うございました。くる年も皆様にとっても、私ども

 にとってもより良い年になりますように祈念致し、筆を納めさせていただき

 ます。

ホームページ制作はオールインターネット