2020年4月4日

WEDGEのお勧め構成とその扱い方

 アイアンのストロングロフト化により、ウェッジの2本時代のロフト角が

 48°〜50°だったのに対し、現在では、PWのロフトが43°〜46°

 が一般的になり、飛距離がアップした分、最も寝ているWEDGEとその

 飛距離やギャップを埋めるために、複数のウェッジが必要になって

 きました。


 グリーンを狙うショットは、力感の強弱をつけて距離感をコントロールする

 よりは、フルショトに近い感覚で狙っていく方が、はるかにシンプルで

 やさしい。(よく言われる、コントロール程難しいものはないと)


 PWのロフト角   43°の場合   48° 52° 56°

                    46° 50° 54° 58°

            44°の場合   48° 52° 56°

            46°の場合   50° 54° 60°


 ショートゲームはすべてのゴルファーにとって、スコアリングの要です。

 特にグリーンを外すことが多い、アマチュアゴルファーにとっては、

 スコアーを大きく左右する要素です。


 しかし現実では、ヘッドがボールの手前の芝に突きささってしまうダフリ

 あり、さらにそれを恐れて、トップボールまで助長します。


 WEDGEには独特のバウンスがありますが、これをうまく利用すること

 により、これらのミスを少なくすることができます。


 バウンスはウエッジのエンジンと呼ばれていますが、この機能を使うこと

 によって、ショートゲームが上達し、スコアーアップにつながります。


 バウンス効果が大きい程、ヘッドが前に進み、抜けの良さを促進させます。

 
 バウンスと友達になって、地面にソールを滑らせて、ボールを拾う感覚を

 身に着けて下さい。そうすることにより、ウエッジショットが楽になり、

 もっと安定します。結果としてよいスコアーに・・・・・。 

2020年4月2日

注目の渋野プロの今年のシャフト

 日本女子ツアー、第7線も中止になりました。


 現在では、パワーアップした姿で、目下トレーニング中です。(いつでも

 開幕できるように)


 青木コーチからも、夏場の振れている時と同じくらい振れていますよと。

 飛距離も伸びていますよと。こんな中使用ギアーの今年のシャフトが、気に

 なるところです。


 本年のW#1,FWに挿すのは、藤倉コンポジットの VENTUS です


 昨年の米ツアーから支給が始まり、ファウラーやダスティ ジョンソンが

 即投入したモデルです。本人もこれを使って、飛距離が伸びていますと、

 実感している様子です。


 目指すスイングが、タコスイングといって、上手くシャフトを使って、体

 をしなやかに使うスイングらしいです。


 彼女本人が選んだモデルが、VENTUSの59グラムの5Sでした。

 以前の、SPEEDER EV 困茲蝓⊆蠍議柑劼痢|羝議柑劼離轡礇侫

 で、シャフト自身が タメ をってくれて、強いインパクトになるモデル

 です。トルクを押さえ、先端が硬くなったモデルで 理想の弾道、飛距離を 

 生み出しています。

 FWのW#3,W#5にも同じモデルを使い、強いインパクトで飛距離増

 が見込まれます。


 アイアンもMCI80のSで、硬度を、増したモデルに、WEDGEには

 MCI105のSに。


 このように、調整を続ける中、今後も変更はあると思われますが、現時点

 では、相当なパワーアップが期待できそうです。注目しましょう。。。

 

 
ホームページ制作はオールインターネット