2023年9月29日

カスタムクラブの傾向

  最近、クラブフィッテングが盛んになってきました。


  クラブの仕様にこだわるとゆうか、自分だけの1本、他の人とは違う1本、

  をこだわって作る人にとっては、最適なシステムだと思います。


  本当に違いが分かればいいのですが。


  多くの人は、自己満足でやっているのではないかと、思われます。


  その日その日よって スイングが変わるアマチュアにとっては、あまり

  意味がないようにおもいます。


  距離と方向性で結果が判明しますが。よほどよくやる方でないと、その

  効果の程は、わかりません。


  かといって、客のニーズに合うものが 提案出来れば、商売になります。


  飛距離が、方向性が、左に引っ掛けがなくなるなど、客のニーズに

  よりあう物ができれば、客はよろこびます。


  そんななかで、カスタムシャフトの傾向を見ると、以前にはほとんど

  無かった、元調子のシャフトが、ここにきて脚光をあびることになって

  います。今まで先調子のクラブしかなかったのに。

  
  リストターンから、今やボデーターン全盛で、スイング自体が大きく

  変化してきているので、クラブも自ずと変化せざるを得ないと思います。

  
  グラファイトデザインは先調子。三菱ケミカルは中調子、フジクラは

  元調子といわれています。


  いろいろなシャフトが、毎年のように発売されますが、各メーカーの

  特色は、変わりなく、ボデイ―ターンのスイング全盛の今となっては、

  方向性を考えれば、元調子が、推奨されます。


       フジクラが、多くなって当たり前です。


  各社いろいろ考えて、シャフトを展開されていますが、元調子、

  中本調子、のシャフトが多くなってきていることは、否めないと

  おもいます。 パワーは少しいりますが。

  

2023年9月26日

立て続けに、女性のパター選び

 ここにきて、女性のパター選びが、2回立て続けにありました。


 女性は、ハイセンスでどこからでも近寄っていく方と、方向違いで、

 力加減もままならない方の、いずれかです。

 教えて教えられるものでなく、天性から持ち合わせている方と、そうでない

 方に、2分されます。

 
 来店された2人も、パターは打つものだと、思って見えるようで、方向性、

 距離感、いずれもあってないようでした。

 
 また、2人とも打つものだと思われていて、フェースに乗せて運ぶものだと

 ゆうイメージは、微塵も感じ取れなかったです。


 打てば、方向もずれるし、距離感もあいません。

 パターの形状により、芯の位置が異なり、オフセットもありなしで、

 大きく方向性も、ことなってきます。

 
 女性は、アライメント(方向を示すもの)がある方が、安心して

 ストロークできます。


 昨今大型ヘッドをよく見かけますが、大型の良い点は、慣性モーメントが、

 大きい為、ぶれにくい点にあります。


 ぶれない性格を十分使い、まっすぐ引いて、まっすぐに出すことだけに

 注力すれば、球はまっすぐにでます。


 L字パターや、ピンタイプのように、感性に訴えて打つよりは、大型ヘッド

 でまっすぐストロークした方が、安全で、安心です。


 重さも、ヘッドの重いものを使えば、小さなストロークで済み、ブレ幅も

 小さくなり、安定します。


 いずれにせよ、まっすぐにボールが出るタイプのパターを、使いましょう。

2023年9月21日

朗報です。

  PINGの毅毅好▲ぅ▲鵑痢△買い得キャンペンーン

  ブレードの顔した、新構造  打感、操作性、美しさを兼ね備えた、

  ブレードアイアン

  
  期間中にi59アイアンを、お買い求め頂くと、当店通常価格より、

  1本あたり、5000円 引きとなります。



       6本     30000円

       7本     35000円
   
       8本     40000円



  それぞれ値引きいたします。

     I#5  27度,  I#7 34度、  I#9 42度


   期間  2023年9月20日から11月30日まで


  この機会に是非、お買い求めください。

2023年9月13日

R2の試打クラブ

 SとかRとかの試打クラブはよくみかけます。

 また、当たり前のように、スチールはS,カーボンはRとゆうように、

 決まったものしかありません。

 スチールシャフトは総てS,カーボンはR、とゆうように決めつけています


 ここにきて、重さのバリエーションが増えてきています。スチールでも

 130グラムから、80グラム、70グラム台まであります。

 そんな状況の中、試打クラブが総てSなんてありませんよね。


 カーボンシャフトでも、W#1で110グラム台から、50グラム、40

 グラム台まであります。最近では30グラム台のものまであります。


 IRONにしても100グラム台の重いシャフトから、50グラム台、

 40グラム台の軽いものまで、バリエーションが増えてきています。


 そんな状況の中、硬さ もいろいろとかわってきています。


 重いものはS,かるいものはRと決めつけることはありません。


 重くてもR,軽くてもSを好まれる方も、あります。


 そんな中、R2とゆう硬さは、Rの柔らかめとゆうかたさです。


 Rよりも柔らかいものが必要かと思われる方が、最近ふえてきています。

 多くの方々が、硬すぎるシャフトを使っている中で、本物のニーズが

 高まってきています。


 試打クラブでも、ごくまれにしかR2の試打クラブは、持っていません。


 実際に体感して見てください。楽に振れて、よく飛ぶを 経験して

 ください。

 
ホームページ制作はオールインターネット